ガジェットショット

iPad Air専用Bluetoothキーボード一体型ケース Belkin QODEキーボードフォリオ レビュー

Belkinから発売されたBluetoothキーボード一体型iPad Air専用ケース「Belkin QODEキーボードフォリオ」を入手したので、紹介します。


QODE
iPad Air専用に設計された薄型で軽量なキーボード付きケースであり、4色展開のカラーバリエーションや”快適でエラーの少ないタイピングを可能にするTruTypeキー”と謳われているBluetooth接続のキーボードが大きな特徴です。

今回入手した「ホワイト/トパーズ」色は、鮮やかでメタリックトパーズ色のケースにホワイトのキーボードが付属しており、シルバーのiPad Airをセットした時の親和性がとても高くなっています。

QODE 厚み
キーボードはとても薄く、microUSBのコネクタとほぼ変わらない厚みになっています。

QODE 固定部分
iPadの固定はバンドで留められているため、開口部も大きく、Lightningポートやイヤホンジャックはほとんど塞がないようなデザインになっています。

belkin

iPadとのペアリングをすると、「Belkin Slim Style Keyboard」と表示されます。

実際にタイプしてみたところ、パソコンのキーボードよりもキーピッチが狭く、手の大きい方だと打ちづらさを感じるかもしれません。ブラインドタッチに慣れている方であればそこまで違和感なくタイピングできるかと思います。また、英字配列キーボードになっているため、普段日本語キーボードを使っている方は注意が必要です。

QODE スタンド
スタンドにはゴム足がついており、無段階の角度調節ができるようになっています。

IMG_1606

キーボードには、ホームボタンやロックボタンだけでなく、コピーやカット・ペースト、スクリーンショット、音楽再生、音量調整などのホットキーがあり、iPad専用ケースならではの設計になっています。左下にはSiriを起動させるためのホットキーがあり、完全なキーボード操作に対応していないiOSでの操作を支援するような機能があります。例えばSiriのキーを押した後「Wi-Fiをオン」や「Evernoteを起動」などと話しかければ、画面に触れることなく操作をすることが出来ます。

QODE 使用シーン
余談ではありますが、私の個人的な利用方法としては「Splashtop 2 – Remote Desktop」等のアプリを利用し、Windows用美少女ゲームを外出先でプレイするという用途で非常に役立っています。「Splashtop 2 – Remote Desktop」では矢印キーなどの入力も送信されるため、通信状況が良ければほぼ遅延なく快適に、普段のWindows機と変わらない操作感でギャルゲを楽しむことが出来ます。

メーカーによると、フル充電でスタンバイ60日間、連続では60時間の使用が可能だそうです。パッケージには、充電用のMicroUSBケーブルが付属しています。

iPad Air専用設計でとても洗練されたデザインのBelkin QODEキーボードフォリオ、iPadでのタイピングが多い方や他人と違ったオリジナリティのあるケースを求める方にオススメです。

【国内正規代理店品】belkin ベルキン iPad Air対応 キーボードフォリオ ブラック・ブラック F5L152qeC00 belkin ベルキン iPad Air対応 キーボードフォリオ ブラック・ブラック

【国内正規代理店品】belkin ベルキン iPad Air対応 キーボードフォリオ ブラック・レッド F5L152qeC02 belkin ベルキン iPad Air対応 キーボードフォリオ ブラック・レッド

【国内正規代理店品】belkin ベルキン iPad Air対応 キーボードフォリオ ホワイト・トパーズ F5L152qeC05 belkin ベルキン iPad Air対応 キーボードフォリオ ホワイト・トパーズ

【国内正規代理店品】belkin ベルキン iPad Air対応 キーボードフォリオ ホワイト・ピンク F5L152qeC04 belkin ベルキン iPad Air対応 キーボードフォリオ ホワイト・ピンク

Belkin : iPad Air対応 QODEキーボードフォリオ

かにぱすた

存在自体がうさんくさいとよく言われるので、うさんくさい製品とか変わったガジェットのレビューをしていこうと思います。最近は専らApple製品を中心に触ってます。

この投稿者の最新記事

メニュー
閉じる