ガジェットショット

iPhone 6s向けに進化したケース「ネオ・ハイブリッド」を試す

キリカ(管理人)

SpigenさんからiPhone 6s用にアップデートされたバンパーケース「ネオ・ハイブリッド」をレビュー用に頂いています。


spigen neo hybrid for iphone 6s 01

今回頂いているのはネオ・ハイブリッドのシルバー。内側がソフト素材、外側がハード素材で出来ている二層ケースです。

spigen neo hybrid for iphone 6s 02

こちらが本体。

spigen neo hybrid for iphone 6s 03

背面。

spigen neo hybrid for iphone 6s 04

内側のソフト層を外して先にiPhone 6s本体につけ、後からハード素材のフレームを下から順につけると簡単に装着できます。

spigen neo hybrid for iphone 6s 05

iPhone 6sにつけたところ。

spigen neo hybrid for iphone 6s 06

フレームにはSpigenのロゴがエンボス加工されています。

spigen neo hybrid for iphone 6s 07

下部。昨年のiPhone 6用よりもイヤホンジャック部分が大きく取られており、より多くのイヤホンが使えるように。

spigen neo hybrid for iphone 6s 08

電源ボタンはメタリックな質感。

spigen neo hybrid for iphone 6s 09

マナーモードスイッチも昨年のものと比べて広くなっています。

spigen neo hybrid for iphone 6s 10

背面にもSpigenロゴ。

spigen neo hybrid for iphone 6s 11

スペースグレイのiPhone 6に装着したところ。

昨年から改善したフレーム

spigen neo hybrid for iphone 6s 12

2015年バージョンのネオ・ハイブリッドシリーズのフレームを昨年レビューしたiPhone 6用のネオ・ハイブリッドと比較してみました。マナーモードスイッチ部分が広くなっており、操作しやすくなっています。

spigen neo hybrid for iphone 6s 13

イヤホンジャック部分も広くなっています。


iPhone 5の頃からネオ・ハイブリッドシリーズは毎年使っていますが、今年もマイナーチェンジながら使い勝手をしっかり向上させている事がわかります。背面がカバーされているため本体の色が殆ど出ませんが、米軍MIL規格に適合した保護性能とスタイリッシュなフレームを持ち合わせており、逆に背面を傷つける心配がないケースです。

またネオ・ハイブリッドシリーズは今期複数のバリエーションが用意されており、フレーム部分は流用が可能。先日レビューしたラギッド・カプセルのようなタフネス系のデザインの背面や透明の背面も用意されており、後日レビュー予定です。

【Spigen】 iPhone6s ケース / iPhone6 ケース, ネオ・ハイブリッド [ 二重構造 スリム フィット ] アイフォン6s / 6 用 カバー 米軍MIL規格取得 (サテン・シルバー SGP11620)

メニュー
閉じる