ガジェットショット

iPhoneにもストラップを!「NETSUKE for iPhone 4」レビュー



iPhoneには数えきれないほどのケースがあります。それをいくつも試し、毎日付け替えたり、お気に入りのケースを使い続けたりといった楽しみ方ができるのがiPhoneの醍醐味でもありますが、iPhoneをできればケースなしで使いたい!という裸派のユーザーの方々も多くいるかと思います。
しかし、前後の面がガラスとなっているiPhoneは落下時に破損のリスクが高く、またストラップホールもないため、裸でiPhoneを使用するとどうしても落下した時の覚悟が必要で、また落下対策用のストラップを付ける事も出来ません。
裸で使いたいけど、落下した時を考えると怖い。そんな悩みを解決する、iPhoneにストラップホールを取り付けることができる製品「NETSUKE」を紹介します。


パッケージはこんな感じ。本体取付用ねじ、そして専用ドライバーが入っています。裏面には取付方法が記載されています。
この商品はiPhoneの下、Dock端子両端にあるねじを外して、そこに装着することでiPhoneをケースに入れずともストラップを付けられるようになる、という製品です。

※取付時に外した本来のねじは絶対に無くさないように大切に保管してください。万が一iPhoneが故障した際、この製品を外し、元々のねじをきちんとはめていなかった場合、Appleからの保証が受けられなくなります。


さっそく取り付けてみようと思います。まずiPhone本体下、Dock端子両端にあるねじをNETSUKEのパッケージに付属しているドライバーを使って外します。ねじは非常に小さく、なくしやすいため、外したらすぐに箱やビニール袋、或いはNETSUKEのパッケージにしまっておいてください。
NETSUKE本体をiPhone裏側にストラップホールが来るように位置を合わせ、付属の専用ねじをドライバーで取り付けます。


これで装着完了。もちろん装着したままDockケーブルの接続は可能です。


真ん中の穴にストラップを通して利用します。因みに指を通すことで落下を防ぐポケットリングがこの寒い時期にスマホ対応手袋で操作するときでも安心感を得られるため、おすすめです。

この商品はもちろん、ストラップホールがないケースを使用しているユーザーの方にもおすすめできる商品です。ですが、これは装着すると本体裏側に僅かに出っ張るため、ケースによっては装着できない場合があります。その点には注意してください。

iPhoneヌード大好きユーザーのみなさんはぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

NETSUKE for iPhone 4(iPhone 4S対応)

メニュー
閉じる