ガジェットショット

これは便利!無料で通知バーにあらゆるトグルが配置できる「Widgetsoid」

キリカ(管理人)


昨年紹介したアプリWidgetsoidですが、
Android 4.0 ICSで通知バーに設置した場合、
直接トグルボタンが押せるなど、更に便利になりました。

Widgetsoidはウィジェットで様々なトグルボタンを設置できるアプリ。

WiFiやBluetoothのON/OFFなどの基本的なトグルはもちろん、
WiMAXや3Gデータのトグル、テザリング、NFC、再生中の音楽の操作、
USBデバッグ、LEDフラッシュなどあらゆるトグルが設置でき、
アプリや連絡先、ブックマークなどのショートカットも設置可能。

追加機能として、通知領域にもウィジェットを配置する事ができます。


設置方法は、普通にウィジェットとしてホーム画面に置くだけ。
ここではWidgetsoid Swithcer 4×1を選択。


好きなトグル項目を選択して並べた後Advancedタブにて、
Notificationにチェックを入れる事で通知領域に表示され、
Widget invisibleにチェックを入れる事でホームには表示されず、
直接通知領域のみに表示されるようになります。


また、ウィジェットを介さずWidgetsoidアプリを直接起動し、
Notificationを選択する事により詳細設定ができます。

Hide notification iconにチェックを入れると、
通知バーに表示されるアイコンが透明になります。

Notification on topにチェックを入れると、
通知領域に他のアプリの通知が入った場合でも、
Widgetsoidが常に上に表示されるようになります。

Open popupは最初はチェックが入っていますが、
これは通知バーから直接トグルできない端末において、
一度ウィジェットをポップアップ表示するオプション。
Android 4.0以降を搭載している端末なら、
チェックを外す事で直接トグルする事ができます。

Use custom styleは、通知領域専用の表示設定を行うオプション。
チェックを入れると、ここで表示設定が編集できます。


Choose bottom colorでICS Blueを選択すると、
このようにAndroid 4.0 ICSのテーマに馴染んだ色になります。

カスタムROMなどを導入していないGALAXY NEXUSや、
Android 4.0アップデートが予定されているXperiaシリーズなど、
通知領域にトグルボタンが搭載されない端末において便利です。

ダウンロードはGoole Playから
Widgetsoid2.x – Android Apps on Google Play

メニュー
閉じる