ガジェットショット

【レビュー】ひとめ惚れの予感です。美しすぎるHTC 8X。

SIMフリースマートフォン・タブレットを販売しているEXPANSYS JapanさんにHTC 8Xの実機を貸して頂けたので、レビューをお送りします。


付属品


端末はお弁当箱のような箱に入れられています。
説明書、SIMスロットを開けるためのピン、イヤホン、micro USBケーブル、ACアダプタが付属されています。


非常に美しいデザイン



iPhoneやLumia800など美しいデザインの端末には多く触れてきましたがそれらを圧倒する美しいデザインです。
ディスプレイは指触りが良く、光沢があり高級感が漂っています。


これまでのWindowsPhoneと比べると4.3インチというかなり大きなディスプレイを採用し端末サイズも大きくなっていますが、端末の背面が丸みを帯びており非常に持ちやすいデザインとなっています。

タイルサイズがカスタム可能に


WindowsPhone8からホームのタイルのサイズが任意で変更可能になっています。
アイコンを長押しし右下の矢印をタップする事でアイコンサイズの変更が可能です。

これに伴い、ホームで情報を表示するライブタイルを大きく、アプリのショートカットタイルを小さく表示する事で、ホーム画面でもより視覚的に情報を得る事が可能になっています。



大画面と相性抜群なWindrowsPhone8


WindowsPhone8からスペックに関する制約が甘くなり大画面端末が増えています。

大画面android端末の場合、画面上部のボタンが押しづらくなる等、操作性に支障がでる場合が有りますが、ホーム画面は最上部に余白が有り、アイコンサイズが自由に変更可能になった事で各アイコンに絶妙に指が届きます。


またWindowsPhoneのアプリは画面下部にメニューキーがある場合が多く、また横フリックでタブを切り替えて操作する場合が多いため画面上部をタップする機会は殆どありません。

大画面化でも操作性を損なうことなく、「画面が見やすくなる」、「タップ操作がし易くなる」といった大画面化による恩恵のみを受ける事ができ、操作性は非常に向上しています。

他のOSを圧倒する快適な動作


WindowsPhoneはこれまでも動作面の快適さに定評が有りスクロール等の動作では他のOSを圧倒していました。
しかしこれまでのWindowsPhoneはスペックが非常に低い影響でアプリの実行速度等が遅くやや残念な部分も有りました。

HTC 8Xは1.5GHzデュアルコアCPUを搭載しており、アプリの実行速度も非常に早くなっています。
スペックの向上に伴いアプリの実行速度も速くなった事で動作面でのストレスは全く無くなり、iOSよりも快適に動作してくれます。

IMEの仕様が変更、非常に快適に入力が可能





HTC 8Xは日本語キーボードがプリインストールされておらず自分でインストールをする必要があります。
「Setting」>「keyboard」>「add keyboards」から自分で日本語キーボードをインストールしないと日本語入力は行えません。

この辺りはやや手間ですが、キーボード毎に多少ではあるものの設定を弄れるようになりました。

トグル入力のオンオフや予測変換の表示数が変更可能になったため、以前よりIMEの使い勝手は向上しています。
またスペックの向上に伴いフリック入力時の指の追随性も向上。iPhone 5よりも追随性は高く、大画面化も伴って非常に高速な文字入力が可能となっています。

ユーザー辞書登録等は依然として行えないため変換にはまだ不満が残る物の、文字入力時のストレスは全くと行っていい程無くなりました。

日本語ロケールには非対応



HTC 8Xは日本語ロケールに非対応で設定画面などを日本語化する事は出来ません。

日本語フォントにも対応しておらず「中華フォント」が用いられており、
半角カタカナ等の一部の文字が表示されないためSNSやWebページ等できちんと文字が表示されない事が有ります。


電池持ちは難あり

SNSやブラウジングを数時間行うだけであっという間に電池が無くなってしましました。
電池パックを取り外す事も出来ないため、モバイルバッテリーなしで一日使うにはやや厳しいかもしれません。



これまでのWindowsPhoneとは違い大きなディスプレイを採用した8Xは動画の視聴もし易く、ブラウジングも快適に行う事が出来ました。
またCPUもこれまでのWindowsPhoneに比べ大幅に強化された事により、他のOSとは比べ物にならない快適な動作を実現しています。

WindowsPhoneの課題だったIMEの使い勝手も向上しましたし、端末単体でのスクリーンショットの撮影が可能になるなど細かな使い勝手の向上もはかられています。

iOSやandroidに比べるとまだまだアプリも少なく、マルチウインドウなどの面白い独自機能もないためWindowsPhone8も発展途上な感は否めませんが、
スペックの制約緩和で端末開発の幅が広くなったWindpowsPhoneは大画面化との相性の良さも相まって、今後の市場展開に非常に期待が持てそうです。

HTC 8X Windows Phone 価格&特徴 ? EXPANSYS 日本

みくろん

全キャリアLTEフラット回線を所持。Lumia 820、BBB9900、HTL21、iPhone 5で4OSと全キャリアLTEで快適なガジェットライフを送っている大学生です。日常的に持ち歩いているガジェット入りの鞄の重量は7kg超え!!

この投稿者の最新記事

メニュー
閉じる