ガジェットショット

薄さ7.3mmのデュアルSIM端末「OPPO R819」レビュー

キリカ(管理人)

EXPANSYSから販売されているOPPO R819のレビュー機をお貸しいただけたので紹介したいと思います。

OPPOとは

OPPOは当サイトで以前レビューしたOPPO Find 5などのハイエンドスマートフォンを生産している中国のメーカー。SIMフリースマートフォンをグローバルに販売しているEXPANSYSとは戦略的パートナー契約を結んでいます。

外観

oppo-r819-01
街角で普通に見かけても不思議ではない、スマートフォンとしてはとても無難なデザイン。

oppo-r819-02
バックキーがGALAXYシリーズ同様右側にあるのが特徴で、右手のみで片手操作を完結させるにあたって便利な配置です。

oppo-r819-03
下部にはmicroUSBポート。

oppo-r819-04
背面はOPPOロゴ。国内機によくある配置と違い、横向きに配置されています。

oppo-r819-05
カメラはソニーの裏面照射型Exmorを搭載しており、800万画素で f値は2.0。本体が薄いため、少し浮き出てしまっています。

oppo-r819-06
イヤホンジャックも薄型の本体ギリギリに配置されている事がわかります。

oppo-r819-07
左側面にはSIMスロットとスリープキー。

oppo-r819-08
右側にはボリュームキー。

oppo-r819-09
スピーカーは背面に配置されています。

デュアルSIMスロット搭載

oppo-r819-10

OPPO R819の最大の特徴は2つのスロットを搭載した特徴的なSIMスロット。iPhoneのようにSIMピンを挿入する事によってSIMトレイを取り出す仕組みですが、奥から2つ目のトレイが出てくるのはちょっとした驚きがあります。

2つのSIMスロットが搭載されている事で、海外旅行の際片方を国内で使っているキャリアのSIMを通話ローミングで使い、データ通信は現地のプリペイドSIMを使う事によって安く済ませるなどの使い方が可能です。なお、2つのSIMスロットはどちらも3Gに対応しているものの同時に2つの回線で3G待ち受けをする事はできないので、GSM対応国での使い方になります。

APN設定をプリインストール

oppo-sb-apn
各国のキャリアのAPN情報がプリインストールされており、挿入されたSIMに応じて設定をロードしてくれます。ただしキャリアによっては契約に応じたAPNを選択しなければ定額に収まらない場合もあるため、通信できていても正しいAPNが設定されているか確認する事をおすすめします。

タップでスリープ解除


国内ではSHARPのAQUOS PHONE ZETAやSONYのXperia Tablet Zなどが既に搭載している機能ですが、画面をダブルタップでスリープ解除する事ができます。卓上に置いたまま使う際に便利な機能です。

自撮りに便利な広角インカメラ搭載

oppo-r819-camera

OPPO R819はHTC J Oneと同じく、88度の広角なインカメラを搭載。また、画質に関しては使用感としてHTC J Oneよりも綺麗に写るようで、複数人で綺麗に自撮りするには便利です。

鈴木愛理?

oppo-suzuki-airi
カメラのUIの中の「Beauty Plus」モードのアイコン画像に日本のアイドルの鈴木愛理(℃-ute/Buono!)らしき写真が使われているようですが、正式な起用であるかは不明です。


海外に行く際に便利な機能や機構を搭載しつつも、本体のボディは薄く軽く使いやすい仕様となっており、海外旅行が多い人にはとてもおすすめできるスマートフォンです。EXPANSYSでは現在36,000円となっており、価格も他のスマートフォンと比べるとかなり安い部類となっており、お手頃価格のユニークな機種です。

Oppo R819 デュアル SIM (SIMフリー, 16GB, White)価格&特徴 – EXPANSYS 日本

メニュー
閉じる