ガジェットショット

SIMフリーiPad Airでdocomo・au・SoftBank・イーモバイル4社のSIMを動作検証してみた

キリカ(管理人)

先日開封レビューをしたSIMフリーiPad Air A1475で国内キャリア4社のSIMカードを動作検証してみました。

iPad Air A1475は1モデルで全キャリア対応

simfree-ipad-air

iPhone 5s/5cは地域によって搭載しているLTEのバンドが違うモデルが販売されていますが、iPad Airは1台で幅広いLTEバンドに対応したすべての地域で共通の1モデルとなっており、SIMフリー版iPad Airは実質世界で最も柔軟に使えるLTE接続端末となっています。

今回国内でSIMフリーiPad Airを利用する場合、どのSIMカードが使えるのか検証してみました。

1. ドコモXi(iPhone 5s付属SIM)

docomo-iphone-5s-sim

ドコモのiPhone 5s/5cはプロバイダにspモードのみが契約できる形態となっており、spモードはドコモのiPhone 5s/5cのIMEI番号でなければ接続できない仕様となっています。そのため、SIMフリーiPad Airに挿入してもデータ通信は不可。mopera Uなどの別プロバイダも契約する事はできないため、ドコモのiPhoneのSIMでSIMフリーiPad Airを使う事はできません。

2. ドコモXi(mopera U契約SIM)

ドコモのXi契約で、プロバイダにmoperaを契約しているSIMカードであれば音声・データ問わず、問題なくiPad Airで3G/LTEデータ通信が可能です。SIMフリーiPad Airで使いたい場合、iPhone以外の機種でSIMカードを入手しましょう。

なお、接続にはAPN設定にてAPNをmopera.netにする必要があります。

3. ドコモMVNO(b-mobileスマホ電話SIM)

b-mobile-ipad-air

ドコモのMVNOのSIMカードも問題なくLTEでデータ通信が可能でした。SIMフリーiPad Airは3G/LTE別々にAPNの設定ができるようになっており、今回のドコモのようにApple公認でなくともハードウェアが対応しているLTE対応キャリアであれば手動でAPNを入力して接続する事ができます。

今回SMS・通話が可能な日本通信スマホ電話SIMで検証したため、データ専用のMVNOのSIMカードでの動作はわかりませんでした。

日本通信 bモバイル・スマホ電話SIM for LTE ナノSIM


4. au 4G LTE(iPhone 5s)

au-4g-lte-ipad-air

auから販売されているiPhone 5sのau 4G LTEのSIM(au IC)カードを挿入したところ、設定不要でLTE通信が可能でした。なお、auだけはCDMA2000キャリアのためか、他のキャリアのSIMカードを利用した後にauのSIMを挿入すると圏外になる現象が確認できました。その場合、一旦再起動すると通信可能になります。

5. au 4G LTE(iPad Air)

先日の検証でauのiPad Air以外の機種では通信不可である事がわかったiPad Air付属のデータ契約SIMですが、SIMフリーのiPad Airでは設定不要であっさりLTE通信が可能でした。

6. SoftBank 4G LTE(iPhone 5)

softbank-ipad-air

iPhone 5に付属しているSoftBank 4G LTEのSIMカードでも問題なくLTEデータ通信できました。なお、デフォルトでは国内版のSoftBankのiPadのAPNがロードされているため、iPhone用APNを入力する必要があります。

6. SoftBank 4G LTE(iPhone 5c)

iPhone 5cに付属しているSIMカードでも検証してみましたが、上記のiPhone 5と同様に利用できました。

7. イーモバイルLTE(GL04P)

emobile-ipad-air

イーモバイルLTEのSIMカードもAPNを設定すれば問題なくLTEデータ通信可能でした。イーモバイルに関してはハードウェア的にLTEのみの対応となっているため、3Gエリアは利用できません。そのため使えるエリアはLTEのみとなりますが、通信量の利用制限が緩いイーモバイルはテザリングや大容量コンテンツでiPadをヘビーに使うにはもってこいです。

なおイーモバイルではnano SIM機種が販売されていないため、nano SIMカッターなどでサイズ調整をする必要があります。


今回の検証で、SIMフリーiPad Airはドコモのように個体のIMEI番号でホワイトリスト形式にしている場合以外では基本的にどんなキャリアでも接続できる事がわかりました。以前のSIMフリーiPadと大きく違うのは、LTE用のAPNが個別に設定できる入力欄が新たに加わっている事。これによってAppleの対応していないキャリアの国へ行った場合でも、現地のSIMカードを挿入してAPNを設定すれば現地のLTEネットワークが利用できるようになりました。

今年のSIMフリーiPad AirはiPhoneや他のAndroidのようにLTEの対応バンドなどで通信周りの悩みが全く感じられない、事実上の最強のSIMフリー端末なのではないでしょうか。

Apple iPad Air A1475 (WiFi + Cellular, 16GB, Silver) – EXPANSYS 日本

メニュー
閉じる