ガジェットショット

ロックしたまま本体に触れずに音声のみで操作可能!Motorola Moto Xレビュー

キリカ(管理人)

Motorolaの販売するAndroidスマートフォン「Moto X」をEXPANSYS Japanさんからお借りできたので紹介します。


moto-x-1
買収前のMotorolaの従来の重みを感じるデザインから一変し、Googleらしいデザインのパッケージ。

moto-x-2
Moto X本体。4.7インチのディスプレイを搭載しつつも、かなり小柄なボディです。

4.7インチと言うとHTC J Oneと同じ画面サイズですが、本体のサイズ感としては4.3インチのディスプレイを搭載したXperia Z1 fと同程度。無駄を削ぎ落とし、小型ボディ殆どがディスプレイとなっています。

moto-x-3
背面はカーボン調のマットな質感となっています。

moto-x-4
中央にはNFCリーダーにもなっているMotorolaロゴ。

moto-x-5
左側面にはSIMスロット。iPhone等と同様、SIMピンで取り出す形となっています。

moto-x-6
上部は曲線を描いた独特のフォルムをしています。

moto-x-7
右側面はスリープとボリュームキー。

moto-x-8
下部はオーソドックスにmicroUSBポート。

moto-x-9
SIMスロットはiPhone 5s等と同様のnano SIMサイズとなっています。

日本語化

日本語化に関しては以前紹介したGALAXY S4 GT-I9500/GT-I9505を日本語化する方法と同じ方法で可能。ただし、音声操作などのMoto X特有の機能は日本語では利用できないため、英語環境で利用するのも良いかもしれません。

音声操作


Moto Xはロックした状態で「OK Google」と声をかけると、そのままGoogle nowで操作が可能です。この状態から、Google検索や今日の天気などを本体に触れずに操作する事ができます。車等に車載しておけば、本体のタッチパネルを操作する事無く、行き先を声で指示するだけでGoogle Mapsでナビゲーションを開始してくれてとても便利です。

NFCロック解除

motox-nfc

Moto Xは裏のMotorolaロゴの部分にNFCリーダーが搭載されており、NFCタグを使ってロック解除が可能。NFCを搭載した車載ホルダーなどを使えば、車に乗る時にセットするだけで完全にハンズフリーで操作できるようになります。


最新のAndroid 4.4を搭載したGoogle純正のスマートフォンというNexus 5と同じ立ち位置のMoto Xですが、持ちやすい小型のフォルムや音声操作など、Motorolaならではの良さを感じる機種だと思いました。目玉である音声操作が日本語には対応していないのが残念ですが、英語で良いという方は近未来的なスマートフォン操作を一足先に体験できる貴重な機種かもしれません。

Motorola Moto X – XT1052 (simフリー LTE, 16GB, Black)価格&特徴 – EXPANSYS 日本

メニュー
閉じる