ガジェットショット

P8 lite開封&フォトレビュー。2万円台ながらユニークで高級感のあるパッケージ

キリカ(管理人)

昨日参加したファーウェイ「P8 lite」&「TalkBand B2」タッチ&トライイベントでモニターとして頂いたP8 liteのパッケージが面白かったので、改めて開封から紹介したいと思います。


huawei p8 lite 01

こちらがパッケージ。2万円台のスマートフォンとしては高級感の高い箱です。

huawei p8 lite 02

箱を開けると、本体が縦向きに入っています。インパクトのある演出です。

huawei p8 lite 03

細い方の箱にはクイックスタートガイドと保証書が同梱。

huawei p8 lite 04

大きい方の箱にはmicroUSBケーブル、イヤホン、ACアダプタ、SIMピンが入っています。

huawei p8 lite 05

IMEIシールは本体背面のフィルムに貼り付けられているので、剥がしたフィルムは捨てずにパッケージと一緒に保管すると良いでしょう。

huawei p8 lite 06

こちらがP8 lite本体。今回はブラックでした。

huawei p8 lite 07

開封時から保護フィルムが貼られています。

huawei p8 lite 08

右側面にはmicroSIMスロット、nanoSIMスロット兼microSDスロット、電源ボタン、ボリュームキー。

huawei p8 lite 09

イヤホンジャックは上部。

huawei p8 lite 10

左側面は金属フレームですっきりしています。

huawei p8 lite 11

下部はmicroUSBポートを中央に配置。

huawei p8 lite 12

背面。

huawei p8 lite 13

プラスチックに目の細かいヘアライン加工がされています。


P8 liteはサイズ感的にも持ちやすく、2万円代の機種としては質感にも力が入っています。ただ、低価格帯の商品で安い素材で高級感を演出する技術に関してはライバルのASUSには一歩出遅れている印象があり、以前レビューしたZenFone 2ASUSのイベントにてタッチ&トライしたZenFone 2 laserなどと比べると高級感の演出では少し劣るのかなといったところ。特にP8 liteのフレームの金属部分は価格帯を象徴するような質感だと感じました。

ただ2万円代でありながらSIMフリー、デュアルSIMで海外旅行で現地のSIMを使いながら日本の番号で同時待ち受け、Android 5.0対応、持ちやすいフォルムとサイズ感、片手操作用の機能など総合的に充実しており、手堅い一台に仕上がっています。格安スマホのブームで2万円代でこういったSIMフリーのスマートフォンが店頭で単品購入できるのは選択肢が広がった事はもちろん、急遽故障して代替機が必要になったり、もう一台必要になったりといった時に高額な機種以外にも新品で店頭購入できるのは便利な時代になったと感じます。各社MVNOのAPNもプリインストールされており、格安SIM+格安スマホのセット運用にも最適。早速、先日参加した格安スマホアンバサダーのにて頂いた楽天モバイルのSIMで運用して使っていこうと思います。

Huawei SIMフリースマートフォン P8 lite (ブラック) ALE-L02-BLACK

メニュー
閉じる