ガジェットショット

GALAXY S(SC-02B)のroot化とプチフリ対策



GALAXY S SC-02Bを手に入れましたので、まず最初にやっておきたいコトを紹介します。

※root化等のメーカー保証から外れる行為は自己責任で



USBドライバのインストール

今回のプチフリ対策にはあまり関係はありませんが、今後のためにUSBドライバをインストールしておきます。
以下のリンクから、PCとGALAXY Sの同期ソフト”Samsung Kies”をインストールするとUSBドライバもインストールされます。
SAMSUNG mobile|製品情報|SC-02B

“Samsung Kies”自体もバックアップをとってくれたり、GALAXY S向けに動画を変換してくれたりと、なかなか便利なツールです。


Root化とプチフリ対策

Root化

root化は「z4root」で行うのが一番簡単です。
以下のリンクからapkファイルを落とし、ファイルマネージャからインストールし起動します。
[APP] z4root – xda-developers

z4rootを起動し、”Permanent Root“をタップします。

勝手に再起動するので、その後再びz4rootを起動したとき、以下のような状態になっていれば成功です。


この後、マーケットから”BusyBox“をインストール、実行しておくといいでしょう。

また、Root化後にすべきことは以下のリンクの「Android SDKの導入」から下を参考に。
【Xperia SO-01B】 root権限取得、手順まとめ | ガジェットショット


プチフリ対策

プチフリ対策には「z4mod」を使います。
以下のリンクからapkファイルを落とし、ファイルマネージャからインストールし起動します。
[APP] z4mod – xda-developers

スクリーンショットを撮り忘れましたが、”Patch Kernel“、”Flash Kernel“、”Convert Filesystem“を順番にタップします。
Convert Filesystem“をタップするときは”ext2“を選択しておきましょう。
すべて終わって再起動した時点で再びz4modを起動したとき、以下のような状態になっていれば成功です。


I/O速度が速くなるため、ベンチマーク結果がかなり伸びます。
体感速度も速くなります。

もちろん「自己責任で」ですが、GALAXY Sを買ったら今回紹介したことをやっておけばとりあえずはベターな状態になると思います。

メニュー
閉じる