ガジェットショット

ドコモ 来年にも新OSであるTizenを搭載したスマフォの発売を検討

読売新聞によれば、NTT docomoが新OSであるTizenを搭載したスマートフォンを来年2013年にも発売する検討をしている事がわかりました。




meego-dead-long-live-tizen-0_original
ドコモが今回Tizen OSを採用したのには、Android OSとiOS合わせて約9割を占めておりその両OSに対抗すべく勢力づくりを目指すという事です。
さらに、ドコモが販売するスマートフォンはほぼAndroid OSであるためその依存から抜け出すためであるとも考えられています。また、自社向けにチューニングをし独自サービスのdマーケットなどのアプリを使いやすくするというのもあるようです。しかし、Windows Phone 8 OSを先送りにした例もあるように「日本での普及は難しい」という関係者の声もあるそうで、ドコモは厳しい賭けになりそうです。

Tizenとは、韓国サムスン電子と米インテルが主に共同開発するOS。Android OSとiOSに頼りきっている状態を打破するため日本通信事業が注目しており、なかでも共同事業体に加盟しているドコモがそれに目を付けたと考えられています。Tizen OSは、Linuxをベースに、HTML5などのウェブ技術に基づいているためAndroidなどより開発が容易とされています。

Tizen OSを搭載したスマートフォンはまだ発売されていませんが、韓国サムスン電子は来年2月から端末をリリースすると報じられています。

情報元:読売新聞ウィキペディアTIZEN Association

メニュー
閉じる