ガジェットショット

Android版Google日本語入力が神アップデート!左右寄せやマッシュルームに対応

Android版Google日本語入力に待望の左右寄せやマッシュルーム機能がアップデートによって追加されました。



googlejaime1googlejaime2


今回のアップデートで、以下の機能が追加されています。

– 配色を変更する機能を追加しました。
– 記号画面とキーボード折り畳みボタンのデザインを変更しました。
– 設定画面の構成を変更しました。
– QWERTY 配列にカーソルの右移動キーと左移動キーを配置しました。
– キーボードの高さを調節できるようにしました。
– 画面の幅が一定以上に大きい端末において、キーボードを左右どちらかに寄せて表示する機能を追加しました。
– 入力補正機能を追加しました。
– 自動部分確定機能を追加しました。
– Unicode絵文字を変換候補に追加しました(Android 4.1以降のみ)。
– キャリア絵文字を変換候補に追加しました。
– 自動かな修飾変換の有効/無効を、設定画面で切り替えられるようにしました。
– マッシュルームに対応しました。
– バイブレーションの長さと操作音の大きさを設定できるようにしました。
– ハードウェアキーボードにおける修飾キーの扱いを改善しました。
– Android 4.2 以降のマルチユーザ機能を有効にしていたときに、管理者以外のユーザでユーザ辞書の編集や学習結果の保存ができなかった問題を修正しました。



近年のスマートフォン大型化の流れでキーボードの左右寄せを待っていたユーザーは多いのではないのでしょうか。左右寄せをするともちろん変換候補も左右に寄せられた状態となるのでATOKよりも使いやすいかと思います。

また、マッシュルームや配色変更、Unicode絵文字の変換対応など痒いところにも手が届く仕様となっており、まさしく神アップデートと呼べるものとなっています。

GooglePlay:Google日本語入力
情報元:リンゲルブルーメン

メニュー
閉じる