ガジェットショット

【訂正】iPad Air/iPad mini Retinaは全世界共通SIMフリーに(はならないようです)

キリカ(管理人)

日本国内で販売されてきたiPadはau版はSIMロック、SoftBank版は国内キャリアのみ対象のSIMロックがかかっていましたが、本日発表された新機種は全世界共通でSIMフリーで販売されるようです。



ipad-mini-retina2
Engadgetによると、今回発表されたiPad AirとRetinaディスプレイを搭載した新型iPad miniはSIMフリーの状態で全世界で販売されるとの事。

iPhone 5s/5cは世界のキャリアごとにLTEの対応バンドを分けた複数モデルの展開で互換性が無い状態でしたが、今回発表されたiPad Air/iPad miniは全世界で共通のハードウェアで全てのLTEが使えます。つまり、SIMフリー状態で販売された場合国内キャリアのドコモ・au・SoftBank(+イーモバイル)で利用する事ができ、海外でも現地のSIMカードで安価にデータ通信が可能になります。

ドコモは年内取り扱いとの事ですが、全世界SIMフリーという事でドコモ版もこの仕様に合わせてくるのではないでしょうか。

iPad Air と iPad mini Retina は国内モデル含め全世界共通SIMフリー。国内3キャリアのSIMカードを利用可能 – Engadget Japanese

【修正】SIMフリーについてはEngadget取材時のミスであったようで、SIMロックに関しては従来と同じ仕様となる模様です。SIMロックがかかっていない物が欲しい場合はSIMフリー版を輸入する必要があるようです。

メニュー
閉じる