ガジェットショット

ソフトバンク、二度目のiPhone 6価格プレスPDF修正。通話定額無しの旧プランでも月月割が適用と明記

キリカ(管理人)

ソフトバンクモバイルのiPhone 6/6 Plusに関するプレスリリースが本体の価格調整でこっそり変更された事を昨日お伝えしましたが、月月割に関する表記ミスのため二度目の修正が入ったようです。


softbank-press-swap

発表当初のプレスリリースは「データ定額パック・家族データシェア・2台目データシェアのいずれも未加入の場合は月月割の適用はありません。」と記載してあったため、通話定額のない旧プランであるホワイトプランへのMNP転入キャンペーンを実施しているのにも関わらず、月月割による7万円相当の割引が得られないと解釈出来る表記になっていました。

本日入った修正では「データ定額パック、家族データシェア、2台目データシェア、タブレット・ルーターセット、パケットし放題フラット for 4G LTEのいずれにも未加入の場合は上記の月月割の適用はありません。」に変更されており、通話定額のないホワイトプランとパケットし放題フラット for 4G LTEの契約でも割引が得られる表記に変更されています。

auもSoftBankと同じくMNP転入で旧プランを2年間無料、毎月割も適用といったキャンペーン内容となっているため、これによってiPhone 6を購入できるキャリア3社の中ではNTTドコモのみが通話定額を選択しなければ7万円前後の割引を損するといった実質通話定額強制のキャリアになる事が確定。ドコモのiPhone 6の価格に関するプレスは発表されるどころか、価格は未定だが予約は受け付けると発表したプレスリリースが取り下げられている状態。ドコモの詳細な価格発表が待たれるところです。

メニュー
閉じる