ガジェットショット

Androidスマホ&タブレット・WindowsノートPCに変形する「Dragonfly」がIndiegogoで資金募集中

キリカ(管理人)

スマートフォン・タブレット・ノートパソコンの3形態に変形できる新世代デバイス「Dragonfly」がクラウドファンディングサイトのIndiegogoにて資金を募集しています。


dragonfly laptop

Dragonflyはスマートフォンやタブレット、パソコンなど増え続けているデバイスを一台にまとめようというプロジェクト。ひとつのデバイスでフルサイズのキーボードを搭載したWindowsノートパソコン、タッチペンを搭載したAndroidタブレット、電話機能のあるAndroidスマートフォンとしての役割を兼ねているデバイスです。

dragonfly folded
4つ折りにする事でコンパクトに収納が可能。

dragonfly display
ディスプレイ部分は回転が可能で、OSはAndroidとWindowsから切り替えが可能。

dragonfly smartphone
7インチの画面部分は取り外して単体で通話・通信などができます。

dragonfly pen
収納可能なタッチペンが付属し、ファブレットとして利用可能。

dragonfly speaker
映像鑑賞時には前面に大型スピーカーを持ってきて迫力のある鑑賞が可能に。

dragonfly trackpad
下部からはトラックパッドがスライドで収納されています。

動画




スペックとしては2つの7インチSupper AMOLEDディスプレイがそれぞれ2560×1440で、繋げた状態で5120×1440の高解像度が利用可能。バッテリーは3200mAhのものを搭載し、LTEにも対応。ディスプレイ(Android)側に最大128GB、キーボード(Windows)側に最大128GBのデュアルストレージを搭載し、更に2つのSDカードスロットを装備。RAMもそれぞれに4GBずつ搭載しています。

フルスペックのWindowsを携帯電話に搭載してしまうのは何となくドコモのFOMAガラケーにWindows 7を搭載してしまったWindows 7ケータイ F-07Cを彷彿とさせますが、OSはAndroidとWindowsを併せて搭載しており、いわゆる最強のデバイスといった感じのコンセプトとなっています。

クラウドファンディングのIndiegogoでは$400の投資でこのWindows+Android版のDragonflyが手に入るプランが用意されており、$59でRAMを4GBから8GBにアップグレード、$99でSSDを512GBにアップグレードできます。また、Windowsが付属しないAndroid単体版も$300で入手可能(先着99名は$99でこれが手に入ったようですが、完売してしまったようです)。11月19日までの募集なので、他の誰も持っていない先進的なこの変態的デバイスが欲しい方はいかがでしょうか。

The Dragonfly Futurefön | Indiegogo

メニュー
閉じる