ガジェットショット

ついに来た!XperiaにAndroid2.3ベースカスタムROMを導入



XPERIA X10(SO-01B)向けのAndroid2.3.1ベースカスタムROM”gb alpha 0001“が公開されました。
(カスタムROMの正式名称は不明)

現在このROMで機能しないのはWi-Fi、Bluetooth、カメラです。
また、オーディオも音声通話時のみしか出ないようですので、実用には遠いです。
ただし今回はアルファ版です。今後のアップデートで実用的になっていくはずです。

【追記(随時更新)】現在のバージョンは0007で、使えない主な機能はカメラ、センサー類、GPSだけです。
センサー類とGPSは現在実装中だそうです。


※導入は自己責任で


準備

準備や導入方法は基本的に他のXperia向けカスタムROMと同じです。
まずはxRecoveryを導入します。
以下の記事を参考にしてください。
Rooted Xperiaユーザ必須!最強のバックアップツール”xRecovery” | ガジェットショット

次に以下のリンクから”gb_alpha_0001.rar”をダウンロードします。
[ROM]HTC Sense 00001 / Google Android 2.3.1 GINGERBREAD – xda-developers

落としたファイルを解凍してからXperiaのSDカードに入れておきます。


導入

※導入前に今の環境のバックアップをとっておくことを強く推奨します。
xRecoveryを起動し、”Install custom zip”から先ほど入れたフォルダに入っている”signed_011711_080054.zip“と、”gapps-hdpi-20101226.zip“をそれぞれ順番に選択しインストールします。
 

終わったら”Reboot phone”から再起動。

ここで、「SonyEricsson」というロゴのところでフリーズすると思います。
しなければそのままでいいのですが、フリーズしてしまう場合はその状態のままコマンドプロンプトから以下のコマンドを叩きましょう。

adb shell
busybox killall servicemanager
reboot


これで待てば起動すると思います。

それでもダメなら

  • rebootコマンドを叩いた後すぐにUSBケーブルを抜いてから起動させてみる
  • signed_011711_080054.zipのみをインストールしてからもう1度やってみる
等、色々と試してみてください。

gapps-hdpi-20101226.zip“をインストールしなかった方は起動成功後にxRecoveryからこっちもインストールしないと、Google系のアプリが一切無い状態になってしまいます。

起動

ついに起動です。初回起動時はセットアップウィザードがあると思います。前回と同様、さっさと進みます。
 

確かにバージョンは2.3.1ですね。
スクロールが行き切ったときのバウンド処理等、しっかりとGingerbreadを楽しめます。
 

カメラはエラーに。Wi-FiやBluetoothは繋がらず。
音も通話時にしか出ません。


私は未検証ですが、APNの設定をきちんとすれば3Gには繋がるそうです。
設定ミスによるパケット死にご注意を。


総評

使っていると、たまに画面にノイズが入ることがあります。
モッサリしているというわけでは無いですし、安定していないこともないのですが、常用には厳しいです。
また、やはりカメラやWi-Fiが使えないというのも難点ですね。
とはいえ、「とりあえず2.3で遊びたい」という人には充分な出来です。
どちらにせよ、これからのアップデートに期待しましょう。

メニュー
閉じる