ガジェットショット

サムスン社員によるGalaxy S6&S6 edgeの新要素ウォークスルー

キリカ(管理人)

Galaxyアンバサダータッチ&トライイベントにてGalaxy S6&Galaxy S6 edgeの新要素のウォークスルーを改めてして頂けたので写真で紹介します。


galaxy s6 touch and try part 1 03

今回のイベントで機種についてGalaxyアンバサダーではおなじみのサムスン電子ジャパンの糸桜さんのプレゼン。

galaxy s6 touch and try part 1 04

まず、ユーザーの84.7%が製品を買う際にデザインを重視しているというデータを紹介。
今回のGalaxy S6/S6 edgeが力を入れている理由も納得です。

galaxy s6 touch and try part 1 05

金属とガラスを用いた事による今までにないスマホを実現。

galaxy s6 touch and try part 1 06

1000以上の加工を施した光学フィルムが様々な色味を生み出すという事ですが、インターネットに上がっているレビューを見てもどれも見る角度によって色味が変わっている事がわかります。こればかりは実物を見たほうが良いかもしれませんが、こういった外観部分に手を入れてくるのは今までのGalaxyには無い凝り具合ですね。

galaxy s6 touch and try part 1 07

飛行機などにも使われているアルミ合金6013を利用して剛性を確保。

galaxy s6 touch and try part 1 08

edgeは6.5Rの半径にこだわった丸みになっており、誤作動を起こさず心地よく使えるバランスに仕上げているとのこと。

galaxy s6 touch and try part 1 09

電話をかけるなど、スマートフォンでよく連絡する人は平均4.2人というデータから、エッジスクリーンから最大5人までのコンタクトが画面端から呼び出せる「ピープルエッジ」を搭載。

galaxy s6 touch and try part 1 10

edgeであれば伏せたまま色で誰からの連絡か分かるので、連絡が来ると気まずいシーンであってもスマートフォンを伏せたまま自分だけが誰からの連絡を受けたか知る事ができるという使い方ができます。

galaxy s6 touch and try part 1 11

今回のGalaxyは屋外での明るさだけでなく屋内での暗さにもこだわり、暗いところでも眩しくないところまで落とせるようになりました。アウトドア派でもインドア派でも嬉しいディスプレイですね。夜更かしなお布団スマホが捗りそうです。

galaxy s6 touch and try part 1 12

社会人がスマートフォンで写真を撮るのは仕事が終わった夜の暗い時間が多いという事で、暗い時間帯でも明るく撮れるF値1.9のカメラを搭載。暗い場所でも手ぶれを抑えてしっかり撮る事ができます。

galaxy s6 touch and try part 1 13

撮影後に結果が確認出来るHDRは他社でも搭載していますが、Galaxyは撮影前のプレビュー時点でリアルタイムに合成して仕上がりを確認しながら撮影できるのが強み。以前のGalaxy S5の際も強調していた機能ですが、暗い場所での撮影のしやすさを強くアピールしています。

galaxy s6 touch and try part 1 14

インカメラもHDRに対応しており、自撮りがもっと楽しくなる機種とのこと。

galaxy s6 touch and try part 1 15

実際にHDRで自撮りした例。

galaxy s6 touch and try part 1 16

今回カメラがホームボタン二度押しから起動できるようになっており、0.7秒で高速起動します。いつでも撮影チャンスを逃さない実用的な機能ですね。

galaxy s6 touch and try part 1 17

今回シャッターを切るために手のひらを向けるというジェスチャーが追加されており、これはいわゆる流行りの「自撮り棒」を使った撮影で重宝するのだとか。

galaxy s6 touch and try part 1 18

実演までしてもらえました。

galaxy s6 touch and try part 1 19

パノラマの逆の発想で、物の外周を180度撮影できるバーチャルショットを搭載。例えば車好きであれば、愛車の写真をぐるっと撮影する事ができるなどと紹介。

galaxy s6 touch and try part 1 20

スピーカーは音量・音質にこだわっており、S5比で50%の性能向上とのこと。某社のスピーカーとは見た目は似てても中身は違う、という事ですね。

galaxy s6 touch and try part 1 21

シーンに合わせた音作りをしてくれるSound Alive+を搭載。システムの設定アプリから有効にできる機能で、サードパーティのアプリでも有効とのことです。映画を見る時などに効果を発揮するのだとか。

galaxy s6 touch and try part 1 22

小型化したCPUにより、より省電力で高性能を実現。

galaxy s6 touch and try part 1 23

RAMはGALAXY S5の2GBから3GBに増量され、速度は2倍に。ストレージも1.4倍に高速化されています。

galaxy s6 touch and try part 1 24

ドコモのプレミアム4G、auのキャリアアグリゲーションに対応し下り最大225Mbpsをいち早く実現。WiMAX 2+の下り最大220Mbpsのキャリアアグリゲーションにも対応しています。

galaxy s6 touch and try part 1 25

Galaxy S6 edgeは共通のゴールドプラチナに加え、ドコモ限定色のグリーンエメラルド、au限定色のブラックサファイア・ホワイトパールを用意。

galaxy s6 touch and try part 1 26

Galaxy S6はホワイトパール、ゴールドプラチナ、ブラックサファイアの3色展開で、ドコモのみから販売。

galaxy s6 touch and try part 1 27

今回はアクセサリにも力を入れています。

galaxy s6 touch and try part 1 28

エンガジェットにてインタビュー記事を掲載しているので、詳しくはそちらも見てください、とのこと。以下のリンクから閲覧できます。

[PR] 対談:Galaxy S6 edge 担当者が託した新生Galaxyへのメッセージ。国内販売ぶっちゃけ中


今回のイベントの記事一覧は以下のエントリから。

Galaxy S6&S6 edgeアンバサダータッチ&トライイベントに参加しました

メニュー
閉じる