ガジェットショット

Xperia X10の2.3.3へのアップデートが決定、配信時期はQ2?Q3を予定


Xperia X10がAndroid 2.3.3へアップデートされることが発表されました。
時期は今年の第2四半期、または第3四半期の初めを予定しているとのこと。
NTTドコモから出ている国内モデルのXperia SO-01Bへの配信も期待して良いでしょう。



詳細

一度は打ち切られたXperia X10のアップデートですが、新Xperiaファミリー(arcやneo等)を開発する上でX10のアップデートが可能なことがわかり、多くのユーザのリクエストに答えられる形になったとのこと。

Xperia SO-01Bは2010年4月、標準ではフリック入力さえできないAndroid 1.6搭載端末としてデビューしました。
度重なるアップデートにより、フリック入力対応、?@docomo.ne.jpメールの送受信対応、Android 2.1へのアップデート、そしてタッチパネルの2点認識の対応と、かなりの進化を遂げてきました。

2.3.3ということは、先日発売されたXperia arcに搭載されている2.3.2よりも最新ということになります。
逆に言えば、近々arcにも2.3.3へのアップデートが配信される可能性が高いということになりますね。

また、X10にプリインストールされている一部のアプリケーションは消えるとのことです。
例えば、”Mediascape”が”音楽プレイヤー”に書き換えられることや、カメラの一部機能が廃止されること等。
2.3から2.1(現在)へのダウングレードはサポートしていないようですので、しっかりと調べてからアップデートするのが良いかもしれません。

さらに、「今後X10は2.3以上へのアップデートは行われるか?」という質問に対しては「No」と、もうアップデートされないことがはっきりと言われています。


感想

1ユーザとしてXperia SO-01Bのアップデート情報に一喜一憂することが多々ありましたが、それもこれが最後だと思うと非常に感慨深いものがあります。

しかしながら、これは国際モデルであるXperia X10へのアップデートが決まったということであって、NTTドコモから発売されているXperia SO-01Bへのアップデートが確定したということではありません。
ドコモのスマートフォン一覧から消えていたり、生産が終了したりしていることから、SO-01Bには配信されないという可能性も少なからずあります。そこだけは注意しておきましょう。


ソース

Update on Xperia™ X10 | Product Launch Blog

メニュー
閉じる