ガジェットショット

SCEがNGP改め「PlayStationVita」を発表、24980円から


今日6月7日、SonyComputerEntertainmentがE3にて次世代PSファミリー携帯機、「PlayStationVita」を発表しました。


革新的な遊びを実現する次世代携帯型エンタテインメントシステム 名称を「PlayStation®Vita」に決定

これまでその名称を「NGP」とし、正式な名称は発表されていませんでしたが、ついにその名称がお目見えになったことになります。
「Vita」とはラテン語で「Life」の意味

主なスペック
CPU:ARM® Cortex™-A9 core (4 core)
GPU:SGX543MP4+
スクリーン:タッチスクリーン5インチ(16:9)、960 x 544、約1677万色、有機ELディスプレイ
背面タッチパッド:マルチタッチパッド(静電容量方式)
センサー:6軸検出システム(3軸ジャイロ・3軸加速度)、3軸電子コンパス機能
より詳細なスペックはこちら。

これだけの性能を備えながら価格はなんと3DSよりも安い24980円(Wi?Fiモデル。3G版は29980円)。驚異的な破格です。
気になる発売時期は2011年末。詳細な発売日やロンチタイトルは発表されませんでした。
これから発売に向けて続々と詳細が発表されていきます。続報が楽しみですね。

メニュー
閉じる