ガジェットショット

GoogleがAndroid2.3搭載の「Nexus S」を正式発表、米国で12/16から発売



発表前から画像がリークしたり、スペックがリークしたりと、密かに話題を集めていた「Nexus S」ですが、この度ついに米Googleから正式発表されました。


今回は、この「Nexus S」と、「Android2.3 (Gingerbread)」について詳しく見ていきたいと思います。




スペック

Nexus SはGoogleが販売したHTC Nexus Oneに続く、Nexusシリーズ第二弾です。
Samsungが開発し、Galaxy Sがベースとなっております。
Nexus One同様、Google Androidチームから直接デザインアドバイスを受けて開発されました。

  • Android2.3

  • NexusOneがキャリアやメーカーが一切手をつけていない、”そのままのAndroid2.1″を搭載していたのと同じように、Nexus Sに搭載されるOSも”そのままのAndroid2.3″です。


  • サイズ

  • 123.9×63.0×10.88mm、129g
    非常に軽いようです。

  • 480×800ドット Super AMOLED

  • Galaxy S同様、4.0インチのSuper AMOLEDが採用されています。
    凹型に反っているのも特徴です。また、指紋防止加工がされています。


  • 1GHz ARM Cortex-A8 ”Hummingbirdプロセッサ”

  • サムスンとIntrinsityが共同開発した、1GHzのCPUです。
    省電力を実現しつつ、高いパフォーマンスを誇ります。


  • 5MPカメラ、VGAインカメラ

  • 背面にはオートフォーカス対応500万画素のメインカメラがあり、720pの動画撮影が可能です。
    フラッシュも付いています。
    表面には640×480ドットのインカメラも付いています。


  • 通信規格

  • Bluetooth 2.1+EDR
    IEEE 802.11b/g/n
    3G HSPA/WCDMA 900/2100/1700


  • その他

    • 1500mAhのリチウムイオンバッテリー
    • 512MBのRAM
    • 16GBのROM
    • 3軸ジャイロセンサー





Android2.3 Gingerbread


  • UIの刷新
  • 新たな通知領域のデザイン


    標準キーボード


    標準ホーム画面


  • コピー、ペースト機能の改善


  • NFC(近距離無線通信)のサポート

  • VoIP/SIP Callingのサポート



12/16からT-Mobileとの2年契約で199ドル、SIMフリー版は529ドルのようです。

Googleの「Nexusシリーズ」ということもあって、少なくとも買って後悔するような端末では無いのではないでしょうか。


追記
早くも、株式会社レッドスターがSIMフリー版を輸入し、国内販売することが決定したようです。
コチラから)

予約受付の開始は12/7で、荷物が届くのは12/24以降になるとのこと。
価格は送料込、税込で、79,800円のようです。

関連動画

Android2.3公式動画


「Nexus S」の紹介動画


Nexus S、360°ビュー


メニュー
閉じる