ガジェットショット

携帯端末を売る前に要チェック!「ヒカカク!」は最高買取額の店を見つけられる横断検索サービス [PR]

キリカ(管理人)

新しいスマートフォンを購入する際、手持ちの機種を売却する事で予算を抑えて乗り換える事ができるのは最近では常識となりつつありますが、そんな時に最も高く買い取ってくれる店舗を簡単に検索できるのが今回紹介する「ヒカカク!」というサービスです。



ヒカカク!は電子機器の買取店を横断検索し、最も高値をつけてくれる店舗を見つけることのできるサービス。買取業者が増えてきたこの時代に、いわば最も安く買える店舗を探せる価格.comの逆のアプローチを取ったサービスです。今回は運営会社である株式会社ジラフさんからの依頼で紹介させて頂きます。

SIMフリーiPhone 6で検索してみる

iphone 6 sim free 64gb space gray 1

自分は一昨年2014年にiPhone 6の64GBスペースグレイをSIMフリーで購入しました。当時の価格は79,800円(税込86,184円)でしたが、2016年1月の今現在、いくらで売れるのか検索してみます。


まずはヒカカク!を開き、検索フォームから今回売却するiPhone 6の名前を記入して検索します。iPhoneは同じモデルでも複数の容量があったりと検索結果の件数が多かったりするので、できるだけ詳しく書くと楽。

検索のコツ

iPhoneを検索する際の注意点として、正式名称の「iPhone 6」だと6が含まれた機種(iPhone 5s 16GBなど)が検索に出てきてしまうため、ヒカカク!の表記に合わせて「iPhone6」と繋げて書くのがヒカカク検索のコツのようです。


hikakaku-search

iPhone 6で検索すると6と6 Plusが出るので気を付けつつ、目当てのiPhone 6 64GB スペースグレイ SIMフリーを選択。


なんと最高買取額は62,000円。2014年に8.6万円で購入した機種が6.2万円で未だ買い取りを行っているところを見ると、SIMフリーのiPhoneはやはり相場が安定している事が伺えます。最高買取額を提示している店舗のモバイルヘッドは秋葉原では有名な店舗で、現地で白ロムを売却した事がある方なら名前は知っているのではないでしょうか。

提示されている金額は新品未使用の場合のためここからは多少下がる事が予想されるものの、複数の買取店の最高買取額を比較できるのは売却時には非常に参考になりそうです。

興味深いコラムも充実

ヒカカク!はオウンドメディアとしてのコラム記事も公開しており、「SIMロックiPhoneをSIMフリー化してくれるファクトリーアンロックサービスに迫る!」や「一日に60万円稼いだプロ携帯乞食が特別に携帯運用ノウハウを教えてくれた。などの怪しいコラムから「液晶割れiPhoneが3万円?!ジャンクiPhoneの買取価格比較まとめ。」などの実用的なガイドまで揃っており、売却の際に参考にする読み物としても充実しています。

カテゴリ、エリアによる絞り込みも可能


ヒカカク!は携帯電話やタブレットだけでなく、古本やロードバイク、ゴルフクラブなど幅広くカテゴリ検索に対応。家に眠っているお宝を売却する際には一度検索してみる価値があります。

hikakaku area

エリアによる買取業者の絞り込みにも対応しており、最寄りの買取店を探す事も可能。上記のSIMフリーiPhoneを検索した例では都内の店舗が多く出ていたので、地方ユーザーには嬉しい機能なのではないでしょうか。

最高額で売却し、賢い乗り換えを。

近年は大手通信事業者も下取りに力を入れてきており、乗り換えの際には下取りに出すか、こういった買取業者に出すかといったところで悩むところ。そこで比較検討する際にヒカカク!は非常に重宝するのではないでしょうか。また、下取り制度の無いMVNOの格安SIMに乗り換える際キャリアのスマートフォンを買取業者に高く買い取ってもらい、SIMフリースマートフォンに乗り換えるのも手。SIMロック解除義務化によってキャリアの枠から外れて自分でマネージメントできるSIMフリー時代に移りつつあるこの時期には強力な助け舟となりそうです。アクセスは以下のリンクから。

メニュー
閉じる