ガジェットショット

月額980円で使えるドコモデータ定額イオン限定b-mobile SIMプランAを買ってみた

キリカ(管理人)


日本通信がイオンと提携して店頭販売している、
イオン限定b-mobile SIMを買ってみました。


契約はイオン店舗のケータイショップ窓口。
あまり目立たない感じに受け付けていましたが、
クレジットカード+身分証明書のみで書類記入後10分程度で開通。

SIMのパッケージのみ持ち帰る事ができました。

料金としては事務手数料3150円に、
月額利用料980円の定額、全てクレジットカード決済必須です。



中身はb-mobile SIM U300などの他のb-mobileブランドと同じく、
SIMカードホルダーと設定方法を記載したパッケージになっています。



今回はXperia ray SO-03Cに装着して使用。
APN設定などはSIM設定方法を参考に。



端末によっては音声通話回線が通っていなければネットワークが検出できないので、
データ通信専用のイオン限定b-mobile SIMは相性が悪く、エラーメッセージが表示されました。
通信に支障はありませんが、常時警告マークが通知バーに表示されるのは快く無いですね。

iPhone/iPadでb-mobileのデータ定額SIMを利用する場合も同様に、
電波強度は表示されず、通信のみ可能といった状態になります。



スピードテストをしてみた所、下りが81kbps、上りが362kbpsでした。

上りに関してはドコモSPモードで計測した場合と殆ど変わらず、
100kbpsを大きく通り越して362kbpsという驚きの結果でした。

100kbpsベストエフォートとの表記ですが、
上りを制限していない場合もあるようで、
写真投稿などには重宝するかもしれません。

またb-mobile SIM U300と違い設定無しに画像・テキストを圧縮するプロキシを経由して接続するため、
画像の画質は多少劣化して表示されるようです。

ただTwitterなどテキストベースのサービス利用に関しては、
ドコモインフラだけあってレスポンスが良く
さほど不快ではないレベルで利用する事ができました。

100kbpsの速度制限付きとは言えども、
ドコモスマートフォンのパケット通信がし放題で、
月額980円はコストパフォーマンスとしては唯一無二のプロダクトでした。

メニュー
閉じる