ガジェットショット

Kingstonの1万円を切る高コスパなゲーミングヘッドセット「HyperX Cloud Core」レビュー

kirica

Kingstonから新発売されたゲーミング用ヘッドセット「HyperX Cloud Core」をレビュー用に提供いただいたので紹介していきます。


kingston HyperX Cloud Core 01

Kingstonと言えば、自分はUSBメモリなどのストレージ系で知っていたメーカー。よく格安のUSBメモリやSSDのメーカーとして見かけていましたが、今回レビューするまでHyperXブランドでゲーマー向けの製品を出している事は知りませんでした。今回提供して頂いた「HyperX Cloud Core」はKingstonの「HyperX Cloud Headset」からボリューム操作用のリモコンなどを省き、コアな部分のみを残したミニマルパッケージなモデルです。

kingston HyperX Cloud Core 02

開封したところ。

kingston HyperX Cloud Core 04

付属品は最低限で、本体とマイク、PC用の変換ケーブルのみ。

kingston HyperX Cloud Core 06

保護フィルムを剥がすとヘアライン加工された質感が顔を出します。

kingston HyperX Cloud Core 08

ケーブルはナイロン製で耐久性がありそうです。

kingston HyperX Cloud Core 09

赤のスティッチはゲーミングヘッドセットらしくとても格好良いですね。

kingston HyperX Cloud Core 10

付け根の分岐部分は側面同様、ヘアライン加工された金属。ここでサイズ調整ができます。

kingston HyperX Cloud Core 05

マイク部分は取り外しが可能となっています。

kingston HyperX Cloud Core 11

マイクを使わない場合のキャップ。外すと完全に落ちて失くしてしまいそうなのが心配です。

kingston HyperX Cloud Core 12

マイクを装着したところ。

kingston HyperX Cloud Core 13

角度は自由に調整できます。


ゲーミング用ブランドで発売されている製品ですが、がっつりWindowsマシンでゲーミングする方だけでなく、マイク機能含めてMacBookシリーズやスマートフォンでももちろん利用可能。iPhoneに本製品を接続して通話してみたところ、かなりクリアな音で通話する事ができました。

またMacBookシリーズをはじめとするノートパソコンは内蔵スピーカーと内蔵マイクで通話を行うとハウリング問題だけでなくキーボードの入力音なども相手に伝わってしまいますが、マイク付きのヘッドセットを使いマイクをキーボードから遠ざける事でこれを回避する事ができます。普段内蔵マイクでSkypeやLINEなどで音声通話を行っている方であれば、このヘッドセットを導入する事で通話環境は劇的に改善します。

HyperX Cloud Coreは現在Amazonで7,980円。長時間ゲーミングでも疲労しないことを売りにしているだけあって付け心地も良く、音質も価格帯を考えると十分。通話用途・ゲーミング用途で使うヘッドセットとしてのコストパフォーマンスはかなり高く、1万円切りのヘッドセットとしては高い満足度が得られる一台です。

キングストン HyperX Cloud Core HiFi対応 ゲーミングヘッドセット ブラック/レッド 国内正規代理店品 2年保証付き 付属品省略モデル KHX-HSCC-BK-FR

メニュー
閉じる