ガジェットショット

バッテリー上がりの心強い味方!6,999円のジャンプスターター機能付きモバイルバッテリー「Aukey PB-C2」を試す

kirica

スマートフォンアクセサリブランドのAukeyさんより、自動車のバッテリーが上がった際にジャンプスターターとしてエンジンを始動できるモバイルバッテリー「PB-C2」をレビュー用に頂いています。


Aukey PB-C2 01

早速ですがパッケージがデカい。開封前から異質のオーラを放っています。

Aukey PB-C2 02

箱の中には何やらアウトドアなゴツくて大きなポーチが。普通のモバイルバッテリーじゃ無さそうです。

Aukey PB-C2 03

開封すると片面にバッテリー、片面に付属品が入っています。

Aukey PB-C2 04

付属品はジャンプスターター時の接続機器だけでなく、通常のACアダプタとシガーソケットから電源を取れるACアダプタ、microUSBケーブルが付属。普段はシガーソケットから充電しておき、バッテリーが上がった際はジャンプスターターとして活用できるのは便利ですね。

Aukey PB-C2 06

こちらが本体。

Aukey PB-C2 07

1Aの通常のUSB出力と2.1Aの急速充電出力の2端子あり、iPadも充電可能。本体の充電はmicroUSBではなく専用端子なのが少し残念。右側のキャップで覆われている部分がジャンプスターター用の端子となっています。

Aukey PB-C2 08

LED懐中電灯も搭載。

Aukey PB-C2 09

ジャンプスターターケーブルを装着したところ。中々端子が深くなっているのでしっかり挿入します。

Aukey PB-C2 10

自動車のバッテリーに装着したところ。

Aukey PB-C2 11

今回バッテリー上がりの状態で試せなかったので出力を計測してみたところ、12.29V出ていました、


自動車のバッテリー上がりの際は他の車からブースターケーブルで救済してもらうかJAFを呼ぶかといったところですが、こういったジャンプスターター機能付きモバイルバッテリーを積んでおけばいざという時に自力でエンジンを始動できるのは非常に心強いのではないでしょうか。バッテリー自体も12000mAhの大容量となっており、2.1Aの出力でiPadにも対応。本体はやや大きいですが、常時トランクに入れておくのであれば殆ど気にならない大きさです。バッテリー上がりの不安から解放してくれるアイテムは中々心強いので、自動車オーナーは是非一台確保しておいてはいかがでしょうか。価格はAmazonにて6,999円となっています。

Aukey ジャンプスターター エンジンスターター 12000mAh モバイルバッテリー 緊急始動 バッテリーレスキュー 車用 非常用電源 バッテリー LEDライト&2USBポート搭載 PB-C2

メニュー
閉じる