ガジェットショット

microUSBをMagSafe風マグネット充電端子にできるケーブルを試す。充電&通信も可能

kirica

microUSB端子に挿入し、MacBookシリーズのMagSafe充電端子のようにマグネット充電できるケーブルを購入したので使ってみました。


magnet charging cable xcable 01

こちらがパッケージ。

magnet charging cable xcable 02

シールで封がされているので、剥がすと閉じなくなります。

magnet charging cable xcable 03

パッケージの中身。

magnet charging cable xcable 04

マグネット充電ケーブルのほか、microUSB側をマグネット端子化するアダプタが2つ、アダプタ取り外し用のヘラが付属。

magnet charging cable xcable 05

地味に便利なマジックテープのケーブルホルダー。

端末に装着してみる

magnet charging cable xcable 08

honor6 Plusに装着したところ。押し込む際に結構強く押さないと入らないので注意。最後まで押し込むとカチっとはまって固定されます。

magnet charging cable xcable 07

microUSB充電であればPHSなどにも利用可能。

magnet charging cable xcable 10

305ZTに繋いだところ。WiFiルーターをマグネット充電化するのも中々便利そうです。

magnet charging cable xcable 11

どちらの方向にマグネット充電ケーブルを装着しても充電できますが、文字の印刷がある方を上にすると通常のmicroUSBケーブルと同じように通信が可能。USBテザリング機能搭載機であればマグネット経由でテザリングできます。

magnet charging cable xcable 09

外す際は付属のヘラで少しずつ浮かせて取ります。

マグネット端子の無くなったXperia Z5も

magnet recharge xperia z5 1

Xperia ZシリーズはZ3を最後にマグネット充電端子が廃止されており、Xperia Z4とXperia Z5はキャップレス防水の剥き出しmicroUSB端子になりました。今回のケーブルを使えばXperia Z4/Xperia Z5でもマグネット充電を復活させることが可能。

magnet recharge xperia z5 2

端子が浮き出るので濃いカラバリの機種だと目立ちますね。


今回のマグネット充電ケーブルはAmazonにて2,290円で購入可能。ケーブルに2つマグネット化アダプタが付属しますが、別途買い足したい場合は1,430円で2つ買い足す事も可能。付けっぱなしの運用でもデータ通信や同期なども同じケーブルで可能なので、microUSB機器全部をこれに統一しても良いかもしれません。

メニュー
閉じる