ガジェットショット

iPhone 7ケースがSpigenからフライング着弾!イヤホンジャック消滅とカメラ位置変更は確定か

kirica

いつもスマートフォンケースを提供頂いているSpigenさんから、いち早くiPhone 7用のケースが届いています。


spigen iphone 7 case 1

今回届いたケースはどれもiPhone 7用。毎年新機種に関してはいち早く出しているSpigenですが、今年も流石Spigenといったところ。

spigen iphone 7 case 2

iPhone 6との比較検証のため「リキッドアーマー」から見ていきます。

spigen iphone 7 case 3

ぱっと見は従来のiPhone 6のケースとあまり変わりません。

spigen iphone 7 case 4

iPhone 6と比較して端子の位置などを確認していきます。

spigen iphone 7 case 5

マナーモードスイッチ、ボリュームボタンの位置はiPhone 6と同じ。

spigen iphone 7 case 6

電源ボタンも同じ。

spigen iphone 7 case 7

下部を見ると変化が。イヤホンジャックの穴が無くなっています。

spigen iphone 7 case 8

装着したところ。イヤホンジャックが隠れてしまっています。

spigen iphone 7 case 9

背面。カメラ部分が従来のiPhone 6/iPhone 6sとは位置が異なる事がわかります。

変更点はイヤホンジャック・カメラ位置

今回Appleの正式発表前にケースが届いたのでチェックしてみましたが、外観のインターフェースの変更点はイヤホンジャックが無くなる点とカメラの位置がやや変更される点の2点のみ。イヤホンジャックが無くなりLightning端子からの変換になるとの噂がありましたが、どうやらケースを見る限りその線は濃厚なようです。Appleの発表会は明日の深夜。答え合わせが楽しみなところですね。なお、今回ケースを提供頂いたSpigenは公式ストアにてiPhone 7のケースの予約受付を早速開始しています。

追記:SpigenはiPhone 7・iPhone 7 Plus発表記念セールをAmazonで実施中。50%オフで手に入るので、是非確認を。

メニュー
閉じる