ガジェットショット

PS4でtorneやYouTubeを快適にブラウジングできるようになるHORIのPS4専用リモコンを試す

kirica

PS4 Proをテレビに繋いでnasneで録画した番組をtorneアプリで見たり、YouTubeやAmazonプライムビデオなどのオンライン動画を鑑賞する際に便利なHORIもリモートコントローラー for PlayStation4を買ってみました。




今回購入したのはゲーム系アクセサリメーカーHORIから販売されているリモートコントローラー for PlayStation4。PS4とBluetoothでペアリングする事でテレビのような操作感でPS4の動画鑑賞を楽しめるアイテムです。

PS4本体のメニューのほか、本体のBlu-ray Disc再生やYouTubeアプリ、Amazonビデオアプリ、torneアプリ(別売のnasneでテレビ放送や録画した番組を視聴可能)などを操作可能。その他にもNETFLIX、アニマックスPLUS、Twitch、DMM.com、Huluなどのアプリも対応しています。

普段PS4 ProをTVに繋いで動画鑑賞をする際、わざわざ両手持ちのPS4のコントローラー(DUALSHOCK 4)で操作する必要があったため、片手で手軽に動画を見るために今回のリモコンを買ってみました。



動作には2本の単4電池が必要。本体には付属していないため、手元に無い場合は併せて買っておくのがオススメ。

ボタン配置



ボタン配置はチャンネル番号のボタンなどが省略されたシンプルなものとなっており、比較的癖のない配置。右手で使った場合は十字キーと中央の選択、右下の×ボタンが押しやすい位置にまとまっており、快適にブラウジングできる配置。

torneアプリで録画した番組を再生する際はSCANボタンで前後に早送り・巻き戻しをできるほか、NEXT/PREVアプリでCMスキップが可能。

設定アプリからのペアリング方法

リモコンの利用開始にはPS4本体とのペアリングが必要。設定方法は以下のとおり。



設定アプリから「周辺機器」を選択。



「Bluetooth機器」を選択。



リモコン本体のSHAREボタンを押しながらPSボタンを5秒以上長押しするとRemote Controllerという項目が出現するので、選択。



「はい」を選択すればリモコンが使えるようになります。

PS4を動画鑑賞に使うのであればマストアイテム



PS4はBlu-rayディスクの映像再生やYouTubeの4K動画再生(Proのみ)などのメディアプレイヤーとして非常に便利で、nasneとtorneアプリを使う事によってテレビ番組の鑑賞にも便利。ただ純正コントローラーは両手持ちが前提で動画再生の操作にはオーバースペックなので、今回紹介したような専用リモコンを併せて購入しておくとテレビと同じような感覚で動画鑑賞が気軽に楽しめるのでオススメのアイテムです。

ただ本機はPS4本体のメニュー呼び出し・操作、及び動画鑑賞アプリ上での操作のみ可能となっており、ゲーム用のコントローラーとしては代用できないので注意が必要です。

価格も記事公開時点でAmazonで2,621円とお手頃。PS4やPS4 Proで動画鑑賞環境を作りたい方はいかがでしょうか。

kirica

kirica

ガジェットショットを作った人。最近愛用しているデバイスはiMac 5K、MacBook、iPhone 8、iPhone X、Galaxy S8、GPD Pocketなど。愛車のロータス・エリーゼを転がして写真を撮りに行くのが好きです。
メニュー
閉じる