ガジェットショット

iPhone X用の初代iPhone風ツートンケース「Classic One」を試す

kirica

初代iPhoneをモチーフにしたSpigenのツートンケース「Classic One」を実際にiPhone Xに装着して試してみました。




Classic OneはiPhoneケースメーカーのSpigenから発売されたiPhone X用ケース。初代iPhoneをモチーフにしており、10周年記念モデルのiPhone Xに10年前の初代のルックスを再現するというユニークなコンセプトのケースとなっています。



日本ではソフトバンクより投入されたiPhone 3Gが初のiPhoneのため国内ユーザーには馴染みの無い機種ですが、それ以前の初代iPhoneはこのような見た目でした。今回の「Classic One」はこのツートンデザインをモチーフにしています。



パッケージも通常のSpigenのスマホケースと比べると特別のある二重構造のツートンの箱に入っています。



オレンジの箱の部分を右に引き出したところ。



こちらがケース本体。



特別なモデルである旨のメッセージが内側にエンボス加工で刻印されています。



今回は手元のシルバーのiPhone Xに装着していきます。



iPhone Xに装着したところ。全面保護タイプのディスプレイ保護ガラスを装着していますが、干渉せず装着できました。



下部の切り込み部分。iPhoneケースを多く作ってきたSpigenだけあり、サードパーティ製のLightningケーブルでも干渉しないよう余裕を持った開口となっています。



右側面。この時点でアルミ風の質感に雰囲気を感じるケースです。



上部。画面側の黒い部分は光沢感とグリップ感のある別素材が使われています。



左側面。



下部の黒い部分にはさりげなくSpigenのブランドロゴ。



背面はツートンカラーのデザインとなっています。



Appleロゴ部分は斜めの面取りの切り抜き加工。



カメラ部分も一体感のあるデザインです。

安心して使える実用的な特別モデル



初代iPhoneに思い入れのあるユーザーは日本では少ないかもしれませんが、初代モデルをモチーフにしつつもしっかりとiPhone X用のケースとして実用的なものに仕上がっているのは流石Spigenといったところ。Classic Oneは他のSpigenのケース同様、米軍MIL規格取得の耐衝撃ケース。普段使いで安心できる保護性能を有しているので、落下対策としても有効。保護性能を重視しているだけに他社のケースと比べるとやや厚手ではありますが、丸みを帯びたフォルムは適度なグリップ感があり、普段片手で使っている自分でもさほど違和感を感じず使う事ができました。

Classic OneはAmazonにて2,190円で販売中。Appleや初代iPhoneのファンはもちろん、このデザインが気に入った方にはおすすめできる一品です。

kirica

kirica

ガジェットショットを作った人。最近愛用しているデバイスはiMac 5K、MacBook、iPhone 8、iPhone X、Galaxy S8、GPD Pocket、RX100、α6000など。
メニュー
閉じる