ガジェットショット

大幅に軽量化されたフラッグシップWindows Phone 8機「Lumia 925」レビュー

kirica

以前レビューしたLumia 920を更に軽量化したNokiaのLumia 925のレビューをお送りします。

フォトレビュー

IMG_1174
今回レビューするカラーバリエーションはブラック。
カラフルなLumiaシリーズの中では珍しく、ブラック・グレー・ホワイトの3色展開となっています。

IMG_1175
フレームはグレー寄りの色。

IMG_1176
ディスプレイのエッジはさりげなくラウンド形状。

IMG_1177
イヤホン、microUSB、SIMスロット等インターフェースは上部に集約されています。

IMG_1178
Lumiaシリーズの売りであるCarl ZeissレンズのPureViewカメラが大きく存在感を放っています。

IMG_1179
シャッターキーがあるのはカメラが売りの機種としては嬉しい所。

暗所撮影性能

Windows Phone_20130919_005
Lumia 925の売りである暗所での撮影性能を先日iPhone 5sの発売日にアップルストアに並んだ際に撮影テストしてみました。870万画素と画素数は多くのAndroidフラッグシップスマートフォンには及ばないものの、明かりの少ない場所でも鮮明に撮影できます。

LTE通信

対応しているLTEバンドはBand 1/3/7/8/20となっており、国内のキャリアと互換性があるのはdocomo/au/SoftBankが使っているBand 1と、docomo/イーモバイル(SoftBankのダブルLTEエリア)のBand 3の2つ。ドコモのメインのBand 1のXiに加え、順次展開している下り150MbpsのBand 3のLTEにも対応。ただしCategory 4未対応のため、Band 3の該当エリアでも下り最大100Mbpsとなっています。SoftBankのBand1/3のダブルLTEにも対応しています。

総評

前作Lumia 920の185gからスペックはほぼそのまま、139gまで大幅に減量されています。デメリットとしてはQiの置くだけ充電に関しては別売りの蓋になり、ストレージは32GBから16GBに減っています。Lumia 920の重さが気になっていた人にとっては嬉しい軽量化ですが、Qiが省かれスペックが落ちているのは残念な点です。片手で使うには少し大きすぎるといった感想です。

現在価格は4万円強となっており、Windows Phoneのフラッグシップ機としてはかなり入手しやすい価格帯まで落ち着いてきてくれました。iPhoneやAndroid以外のスマートフォン、もしくはポケットに入る暗所に強いお手軽なカメラが欲しい方にはオススメできる機種です。

Nokia Lumia 925 LTE (SIMフリー, 16GB, Black)価格&特徴 – EXPANSYS 日本

メニュー
閉じる