ガジェットショット

12,800円の低価格と一枚板の高い質感を両立した「ZTE Blade E01」ハンズオンレビュー

kirica

先日の楽天モバイルのタッチ&トライイベントにてZTEのエントリーモデル「Blade E01」の実機に触る機会があったので写真で紹介していきます。


zte blade e01 01

こちらがBlade E01のホワイト。5インチディスプレイを搭載しています。

zte blade e01 02

背面はすっきりした印象。

zte blade e01 03

側面。

zte blade e01 04

以前レビューを書いたZTE Blade V6と同様、ボタンはタッチ式の物理キーとなっています。左右のタスク履歴・バックキーは設定から左右逆にする事も可能。

zte blade e01 05

下部のmicroUSB端子は右に寄っています。

zte blade e01 06

SIMスロットはSIMピン式。

zte blade e01 07

イヤホンジャックは上部に配置。

zte blade e01 08

こちらはブラック。

zte blade e01 09

背面。

zte blade e01 10

よく見てみるとブラックもホワイトも模様が入っており、高級感があります。

rakuten mobile 2016 summer event 8

定価は税抜き14,800円のところ、楽天モバイルから販売されるモデルは税抜価格12,800円。1万円台前半で手に入る低価格帯ながら、ソニーやファーウェイなどの上位モデルのようなガラスの一枚板デザインで同価格帯の機種と比べると安っぽさを感じさせない一台となっています。Android 6.0を搭載して発売される機種が主流な中OSはAndroid 5.1となっていますが、ブースで質問したところアップデートの予定は無いとのことです。この辺りはソフトウェア的にもコストを割り切った機種といったところ。

なお、楽天モバイルでは現在先着100名でガラスコートフィルムのプレゼントキャンペーンを実施中。保護フィルム代も節約してとことん低予算でスマホを使いたい方には良いかもしれません。

メニュー
閉じる