ガジェットショット

同じApple IDを登録したiOS 8同士はお互いに電波状況&バッテリー容量確認、テザリングのリモート起動が可能

kirica

iOS 8に搭載されているInstant Hotspot機能が便利だったので紹介していきます。


instant-hotspot

Instant Hotspotという機能は従来のiOSのインターネット共有を強化したもの。同一のApple IDを登録したiOS 8端末/OS X Yosemite搭載のMacで利用可能で、インターネット共有が可能なiPhone/セルラー版iPadがWiFiの候補に表示され、電波状況やバッテリー状態が確認ができるとともに、SSID・パスワードの設定無しにインターネット共有に接続する事ができます。

ios-8-instant-hotspot
また、この際接続先の端末の「インターネット共有」オプションやWiFiがオフになっている場合でも自動でオンにして接続が可能。鞄の中にセルラー版iPadを入れっぱなしにしておけば、MacBookやiPod touchからリモートでオンにして接続できるのは便利なのではないでしょうか。

もしコアユーザーであればドコモ・au・SoftBankのSIMがそれぞれ入ったiOS端末を鞄に入れておけば、遠隔で3キャリアの電波状況を確認して最適な電波に接続するといった活用法もあります。昨日iOS 8からY!mobile LTE表記のiPhoneが実現し4キャリアでiPhoneが使えるようになった事をお伝えしましたが、型落ちのSIMフリーiPhoneにY!mobileのSIMを入れれれば4キャリアの電波状況を確認できる変態電波オタク仕様も構築できそうです。

筆者はauのMVNOのmineoがiOS 8に対応していないためiOS 7で保留してあるiPad Airはこの機能で遊べないのが残念ですが、iPhone 5s+iPhone 6+iPhone 6 Plusでキャリアを分けて楽しんでおります。

メニュー
閉じる