ガジェットショット

チャンスは今月末まで!月額たった10円でドコモ通話定額&パケット定額を契約する禁断の方法

kirica


ドコモが展開している「プラスXi割キャンペーン」など複数の割引を併用する事で、
月額合計たった10円でXi通話定額+パケット定額を契約する事ができます。

詳細は以下のとおり。





今回利用するのはプラスXi割、月々サポート、月々サポートの増額キャンペーン。
学割は使用しません。

1回線目を通話専用にして月額5円のXiカケ・ホーダイプラン、
2回線目をデータ専用で月額5円のXiパケホーダイプランにし、
2つの回線合計10円で運用します。

5円のユニバーサルサービス料は全ての電話番号にかかる共通の費用で、
割引の対象外となっているので必ず払う必要があります。

MNPによる増額キャンペーンを利用するので、
前提として他社からドコモに転入できる2回線の契約が必要です。

MNPによる増額キャンペーンが5月末までなので、
この方法で契約できる期間は今月中で終了です。

また紙による料金明細を発行しない事で105円割引になる「eビリング割」を計算に入れていますが、月々サポートが105円以上マイナスになる端末においては契約の必要はありません。

手順

1. KDDI、SoftBank、イー・モバイルからのMNP転出予約番号を取得する。
MNP制度を利用して契約するので、他社から転出予約番号を取得する必要があります。
2回線開くので2回線分、キャリアショップなどで取得します。

2. 月々サポート1,690円以上のXi対応機種をMNPで音声契約する
現在発売されているXi対応端末は全て月々サポート1,690円以上のようです。
パケット定額は「Xiパケ・ホーダイ ダブル」、
更に通話定額の「Xiカケ・ホーダイ」をつけて契約しましょう。

ARROWS X LTE F-05Dで契約した場合の内訳は以下のとおり。

タイプシンプルバリュー780円
SPモード315円
Xiパケ・ホーダイ ダブル2,100円
Xiカケ・ホーダイ700円
月々サポート(ARROWS X LTE F-05D)-2,100円
月々サポート増額-2,100円
eビリング割-105円
小計-410円
ユニバーサルサービス料5円
合計5円

これで月々サポートで月額料金を全て相殺し、
ユニバーサルサービス料の5円のみの月額で、
ドコモ同士24時間通話し放題の回線が出来ました。

こちらはパケット通信すると上限が上がってしまうので、
通話専用にしてデータ通信を切りWiFi運用するか、
ガラケーにSIMを差し替えて使うのもおすすめです。

microSIMタイプの端末で契約した場合、
microSIMアダプタでサイズを調整するか、
ドコモショップで1年に1度限り無料でSIMのサイズを変更してもらえます。

3. 月々サポート2,195円以上のXi対応機種をMNPでデータ契約する
2回線目はデータ通信専用で契約しますがMNPのため、
音声契約で転入して翌日からデータ契約に変更します。

この際月々サポートの金額は引き継がれるため、
データ回線でもMNPによる割引を受ける事が可能です。

なおMNP転入によるデータ契約手続きを行なってくれる店舗は限られており、
音声のみ受付の場合まず音声でXiパケ・ホーダイダブルで契約し、
翌日「Xiデータプラン フラット にねん」に自分で契約変更する必要があります。

最後にデータ回線として契約した2回線目を、
ドコモショップで1回線目と括りつけて「プラスXi割」を契約します。

プラスXi割はXiスマートフォン利用者が、
2回線目のXiデータ契約を割り引いて貰えるキャンペーン。
これよりXiデータプランの月額が3,980円になります。

GALAXY S II LTE SC-03Dにて契約した場合の内訳は以下のとおり。

Xiデータプラン フラット にねん5,985円
SPモード315円
プラスXi割キャンペーン-2,005円
月々サポート(GALAXY S II LTE SC-03D)-2,205円
月々サポートMNP増額分-2,100円
小計-10円
ユニバーサルサービス料5円
合計5円

これで音声通話定額回線が月額5円、
パケット定額回線も月額5円で契約できるので、
月額合計10円で音声通話・パケット通信し放題になります。

もちろんXi回線なのでテザリングも可能。

電話はしないという方であれば音声の契約は完全に寝かせて、
データ通信回線のみ利用するスタイルも良いのではないでしょうか。

繰り返しますがMNPによる増額キャンペーンは2012年5月31日まで
契約できるのは今月がラストチャンスです。

メニュー
閉じる