ガジェットショット

GALAXYアンバサダーレポート2:GALAXY S5 Active編

kirica

GALAXYアンバサダーレポート1:GALAXY Note Edge編に続き、GALAXY S5 Activeの解説スライドをレポートしていきます。


galaxy ambassador slide 34

GALAXY S5 Activeは「GALAXY S5の進化版」で、新しくGALAXYに「強さ」を追加したスマートフォンという事です。今回のデザインは「ゴツかっこいい」ということで、タフネス機能を象徴する見た目となっています。

galaxy ambassador slide 38

今回の2色のカラーバリエーションの中でもCamo Greenはスマートフォンでは珍しい迷彩柄になっており、四輪駆動自動車のようなバンパーを搭載し、「ゴツかっこいい」をアピールするモデルとなっています。

galaxy ambassador slide 39

本機の魅力は耐久性、GALAXY S5から継承したハイスペック、更に野外でも使いやすいアクティブ機能の3点。

galaxy ambassador slide 41

スマートフォンユーザーの55%が落下や破損、水濡れで交換せざるをえなくなった事があるという事で、GALAXY S Activeはそういった不安を取り払うモデル。

galaxy ambassador slide 42

米国軍用規格のMILに準拠し、様々な環境下で利用できる事を売りにしています。GALAXY S5では防水防塵のみだったのに対し、本機は耐熱耐寒耐衝撃といったタフネス機能を追加。71度の高温や-51度の低温でも動作します。

galaxy ambassador slide 43

GALAXY S5 Activeはタフネス機能だけでなく、しっかりGALAXY S5同等のハイスペックを実現している事を主張。2.5GHzのクアッドコアCPUや、1920×1080のSuper AMOLEDがそのままGALAXY S5から継承されています。

galaxy ambassador slide 44

人気だったカメラ機能もそのまま継承。1600万画素0.3秒の高速フォーカス、プレビュー画面でHDRで確認できるHDR撮影機能もそのまま。

galaxy ambassador slide 45

プラスαで付加価値として提供するのがアクティブキー。先日ハンズオン動画で紹介しましたが、ショートカットキーとして物理キーによるアプリ起動ができるようになっています。また、バックキーなども全て物理キーになっているため手袋を付けたままの操作が可能です。


グローバルでの発表から少し間を置いてしまったものの、国内での防水・防塵・耐衝撃などのニーズに応える製品として国内投入されるのはこれらを必要としているユーザーには嬉しいところ。同じジャンルの先行する製品としては京セラ製のauのTORQUE G01が先日発売されたばかりですが、GALAXY S5 Activeはタフネス機能に加えてGALAXY S5の性能・使いやすさが兼ね備えられているのは大きな違いなのではないでしょうか。

GALAXYアンバサダーレポート3:Gear S編に続きます。

GALAXYアンバサダー特集記事一覧

1. GALAXYアンバサダーレポート1:GALAXY Note Edge編
2. GALAXYアンバサダーレポート2:GALAXY S5 Active編
3. GALAXYアンバサダーレポート3:Gear S編
4. GALAXYアンバサダーレポート4:Gear Sハンズオン動画&フォトレビュー
5. GALAXY Note Edgeのホワイトフォトレビュー。白だけ発売日が遅れる理由は「こだわった素材」
6. GALAXY Note EdgeのFeliCaアンテナが右下の方にあるのは技術的な制約が理由

メニュー
閉じる