ガジェットショット

「6世代目iPod touchゴールド」フォトレビュー

キリカ(管理人)

パッケージの開封記事に続き、本日購入した新型iPod touch(6世代目)のゴールドのフォトレビューをしていきます。


opening ipod touch 6th 12

こちらが6世代目の新型iPod touch。色はゴールドです。

ipod touch 6th photo review 1

背面は5世代目とほぼ変わらないものの、ストラップホールが消滅。

ipod touch 6th photo review 2

下部はLightningポート・イヤホンジャック・スピーカー。

ipod touch 6th photo review 3

ボリュームキーやアンテナ用の黒いプラスチックパーツなどのデザインもそのまま。

ipod touch 6th photo review 4

カメラはデザインは同じに保ちつつ、500万から800万画素に強化。

ipod touch 6th photo review 5

本体から飛び出ているので卓上でガタつくのもそのまま。

ipod touch 6th photo review 6

同じプロセッサを搭載するiPhone 6と並べたところ。4インチは小さいですね。

ipod touch 6th photo review 7

カメラ部分の意匠をiPhoneに合わせてくると予想していましたが、5世代目iPod touchと同じ形状で、斜めの面取りがされていません。

ipod touch 6th photo review 8

伏せて並べるとやはり薄いですね。


iPhone 6と同等のスペックを搭載しつつ、画面サイズを4インチに抑え、従来のiPod touchと同じ88gの軽量ボディに収めた新型iPod touch。手に収まる小型機としては非常に魅力的な一台で、iPhoneやiPadのようなLTE/3Gのモバイルデータ通信がこの筐体に搭載されていないのが残念です。

軽く使ってみた感じとしては小型画面に薄型ボディでハイスペックという性質上、文字入力が非常にストレスフリー。音楽・ゲームだけでなく、SNS用途にも良いかもしれません。一方でiPhone 6を普段使っている感覚からすると、画面の情報量が多少減ってしまうため物足りなく感じる一面もありました。

普段のスマートフォンとしてはAndroidを使っているけれどもiOSのアプリを使いたい、ゲーム用に欲しい、Apple Musicを使いたいといった用途にはぴったりで、iOS入門機と言うには十分すぎるスペックを兼ね備えたコストパフォーマンスの高い機種に仕上がっています。SIMフリーのiPhone 6が9万円以上の高価格帯となっている一方で、同じプロセッサを搭載した本機は16GBが2万円台。差額を考えると恐ろしくお買い得な気がします。

新型iPod touchは本日より順次家電量販店に入荷しているようで、iPhoneやApple Watchのような入手困難な状態にはなっていない模様。なお、128GBモデルはApple Store/Apple Online Store限定モデルとなっています。

iPod touch


追記:実際にじっくり使ってみた総評のレビューは以下のリンクから。

【レビュー】新型の6代目iPod touchを使ってみた総評:「コスパは最高、だが88gは軽すぎて持ち辛い。」

メニュー
閉じる