ガジェットショット

Apple Watchシリーズ発表、側面のダイアルで操作が可能

キリカ(管理人)

Appleから腕時計型ウェアラブルデバイス「Apple Watch」シリーズが発表されました。


apple-watch

Apple WatchはiPhone 5以降のiPhoneと連携する腕時計型デバイス。通常のApple Watchに加え、ラバー素材のバンドのApple Watch Sport、高級素材で作られた上位版のApple Watch Editionがラインナップされています。以前から噂されていた「iWatch」という名称は結局採用されず、Apple Watchとなりました。

Apple Watchの特徴は側面のデジタルクラウン。腕時計型デバイスは画面が小さいため、指で操作しようとすると情報を覆ってしまう問題点があります。そこでAppleは側面の「クラウン」を回転させるUIのWatch OSを採用。アプリでスクロールしたり、マップでズームしたりする事ができます。また、クラウンはホームボタンも兼ねており、押すとアプリ一覧のホーム画面に戻る事ができます。

Apple製品としては初めてForce Touchを搭載しており、タッチの圧力を検知することができます。これにより押す強さによって「タッチ」と「プレス」の2種類の操作が可能に。

sensor_medium_2x
背面には心拍センサーを搭載。

charging_medium_2x

MacBookシリーズに搭載されているMagSafeの技術を応用し、充電器はマグネットで装着できるようになっています。


Apple Watchの機能としてはメッセージの送受信、電話、メール、健康管理、マップ、カレンダーなどのスマートウォッチらしい機能はもちろん、iPhoneの音楽再生操作機能、リモートカメラでiPhoneの遠隔シャッター、機内モードやおやすみモードなどの設定のトグルも可能。iPhoneの通知も受け取る事ができます。サードパーティのアプリケーションにも対応しているので、今後どういったものが出てくるのかも楽しみな新製品です。

メニュー
閉じる