ガジェットショット

Galaxy S7 edge SC-02Hフォトレビュー

kirica

ドコモから発表されたGalaxy S7 edge SC-02Hを早速触ってみました。


galaxy s7 edge sc-02h 01

Galaxy S7 edge SC-02Hはドコモから販売されるサムスンのフラッグシップスマートフォン。先日au版のSCV33をレビューしましたが、改めてドコモ版も見ていきます。

galaxy s7 edge sc-02h 02

ブラックの背面はやや指紋が目立ちやすい印象。au版では中央にGalaxyロゴ、下部にauロゴでしたが、ドコモ版は逆の配置となっています。

galaxy s7 edge sc-02h 03

下から見たところ。

galaxy s7 edge sc-02h 04

上部のSIM/SDスロット。

galaxy s7 edge sc-02h 05

左側面。

galaxy s7 edge sc-02h 06

右側面。

galaxy s7 edge sc-02h 07

ディスプレイ側だけではなく、背面側もカーブして持ちやすくなっています。

galaxy s7 edge sc-02h 08

ピンクゴールド。

galaxy s7 edge sc-02h 09

Galaxy S6シリーズと比べて上品な処理になっています。

galaxy s7 edge sc-02h 10

5.5インチ画面を搭載しつつも、エッジディスプレイのおかげでコンパクトに。

galaxy s7 edge sc-02h 11

エッジ部分に近づいてみたところ。

galaxy s7 edge sc-02h 12

側面のフレームの質感も上品です。

galaxy s7 edge sc-02h 13

背面。

galaxy s7 edge sc-02h 14

ホワイトパール。

galaxy s7 edge sc-02h 15

背面。


今回カラバリはドコモでもauでも同じラインナップとなっており、外観上はロゴ配置のみの違い。今期ラインナップでは一強と言えるほど完成度の高い機種となっており、ドコモオンラインショップでは現在予約殺到中とのことで、iPhoneのように予約が遅くなると発売日に手に入らないかもしれない人気ぶりとなっています。

個人的には昨年のようにブルー系やグリーン系のカラバリが欲しかったところですが、カラバリ自体の質感は向上しているのは嬉しいところ。発売日の2016年5月19日に入手したい場合は早めの予約をおすすめします。

メニュー
閉じる