ガジェットショット

iPhone 6を前後左右上下全ての方向から保護できる「ウルトラ・ハイブリッドFX」レビュー

キリカ(管理人)

スマートフォンアクセサリを販売しているSpigenさんから、全方位を保護できる新しいコンセプトの新発売ケース「ウルトラ・ハイブリッドFX」をレビュー用に頂いたので紹介していきます。


spigen ultra hybrid fx 01

ウルトラ・ハイブリッドFXは耐衝撃ケース「ウルトラ・ハイブリッド」シリーズの派生モデル。二層構造のiPhone 6用ケースで、ディスプレイ部分もまとめてカバーする事で全方位を保護できるのが特徴です。

spigen ultra hybrid fx 02

本体は2つのパーツに分かれており、片方は前面と側面、もう片方は背面と側面をカバーする形状。

spigen ultra hybrid fx 03

前面も保護するタイプのケースのため、今回保護フィルム・ガラスなどの付いていない裸のiPhone 6を用意。

spigen ultra hybrid fx 04

パッケージから出した状態では本体にフィルムが装着されているので、これを剥がして装着します。
本体およびケースのホコリをエアーダスターなどでしっかり除去してから装着するのをおすすめします。

spigen ultra hybrid fx 05

内側のケースのみを装着したところ。

spigen ultra hybrid fx 06

この上から背面ケースを重ねて装着します。

spigen ultra hybrid fx 07

両方装着したところ。

spigen ultra hybrid fx 08

右下側面には多くの同社のケース同様、Spigenロゴのエンボス。

spigen ultra hybrid fx 09

電源ボタン。

spigen ultra hybrid fx 10

ボリューム・マナーモードスイッチ周り。

spigen ultra hybrid fx 11

上部のインカメラ・マイク等の部分は切り抜かれています。

spigen ultra hybrid fx 12

下部はキャップが付いており、端子にホコリが入らないようにしっかり保護。

spigen ultra hybrid fx 13

ホームボタン周りは若干厚みがあります。

spigen ultra hybrid fx 14

背面は透明で本体が見える仕様。


今回のウルトラ・ハイブリッドFXはスクリーンプロテクター一体型となっているため、保護フィルムが不要といった新しい発想のケース。試みとしてはとても面白い製品です。持ってみた感触としてはしっかり保護している割にはスリムで、かつTPU素材のため本体が滑りにくく、持ちやすさはこの手の保護性能重視ケースの中では上出来。画面側から落としても保護できる安心感と、そもそも落としにくいという二重の安心感で保護性能を重視のケースとしては要点をしっかりカバーしています。

一方で、スクリーンプロテクター一体型のデメリットとしてはディスプレイ側がケースと一体となっている透明なプラスチックの板で覆われているため、操作感が劣化するという事。ディスプレイに接着しているわけではないので、画面に指が触れたら即反応するといったiPhoneのレスポンスの良さが失われてしまう傾向にあり、どちらかと言えば昔の感圧式タッチパネルを触っているかのような感覚になります。

ケースとしては画面側が黒く縁取りしてあってスタイリッシュで、TPU素材で滑りにくく、二重構造で落としても衝撃耐性がある、と三拍子揃っている物。プラスチックのスクリーンプロテクターは癖があり、同社のGLAS.tR SLIMなどの保護ガラスを貼り付けた場合と比べると操作性は劣りますが、全方位を保護できるという性能のトレードオフと考えるべきでしょう。また、本体に貼り付けるタイプではないのでラウンドガラスの端まで届かない、といった問題もありません。

価格は現在Amazonにて通常価格3,990円のところ、セール中で3,192円となっています。色は透明の「クリスタル・クリア」と今回レビューした黒みがかった「スペース・クリスタル」の2色。とてもユニークな構造で、久々に面白いと思ったケースでした。

iPhone 6 ケース, Spigen® [ 完璧な保護 + 前面スクリーンプロテクターカバー] ウルトラ・ハイブリッドFX *2015年モデル* アイフォン6 (国内正規品) (【ウルトラ・FX 】スペース・クリスタル 【SGP11363】)

メニュー
閉じる