ガジェットショット

iOS 10.1 beta 1のiPhoneではカメラ無音化バグ&Apple Payが両立可能

キリカ(管理人)

iOS 10.1 beta 2から対策されてしまったカメラ・スクリーンショット撮影音無音化バグですが、対策前のbeta 1でApple Payと消音バグが共存可能である事が判明しました。



iOS 10で可能になったカメラのシャッター音をAssistiveTouchで無音化できるバグはiOS 10.1 beta 2で対策され使えなくなりましたが、対策される前の初期のβ版であるiOS 10.1 beta 1ではApple Payとシャッター音無音化のバグが共存できる事を手元のiPhone 7 Plusで確認できました。

iOS 10.1正式版ではシャッター音無音化バグが修正され、国内向けApple Payがサービスインしましたが、当初iOS 10.1正式版にアップデートしないと使えないと思われていたApple Payが、実はiOS 10.1 beta 1の段階で利用可能となっていた模様。

β版のiOSの利用期限は限られているため今後ずっと消音バグを使い続ける事はできませんが、少なくとも現時点ではiOS 10.1 beta 1で止めているユーザーは無音化のバグとApple Pay、そしてポートレートモードの被写界深度エフェクトを両立する事が可能という事になります。もしiOS 10.1 beta 1で止めていて消音を手放したくない方は、しばらくはアップデートせずに運用するのも手かもしれません。

メニュー
閉じる