ガジェットショット

月額2980円でdocomo回線を利用できる「DTIハイブリッドモバイルプラン」が登場


株式会社ドリームトレインインターネット(DTI)が月額利用料2980円でdocomoのFOMA回線及びNTTコミュニケーションズの公衆無線LANスポットを転送量無制限で利用できるようになる「DTIハイブリッドモバイルプラン」を発表、サービス利用の募集を開始しました。


NTTドコモ回線7.2Mbps/ 転送量無制限+公衆無線LAN 4,000箇所=2,980円の高速無線サービス「DTI ハイブリッドモバイルプラン」を本日より募集開始

docomo回線は日本の3G通信事業者の中でトップの顧客満足度を誇り、その通信品質・繋がりやすさは確かなものですが、他の通信事業会社に比べ通信料が高いのがネックでした。

そこで下りの通信速度を300kbpsに制限する代わりに月額換算約1300円という破格を打ち出した日本通信のb-mobileがFOMA回線を低価格利用できるというのを売りにし、好調な成績を収めていましたが、ついにそのb-mobileの対抗馬が出てきた形になります。


b-mobileとは違いDTIはなんとFOMAを転送量無制限(下り通信速度7.2Mbps)で利用でき、さらにNTTが提供する公衆無線LANスポット(約4000か所)まで利用できます。
これで月額利用料が2980円というから驚きです。


またこれと同時にDTIはモバイルルータ型USB型の二つの接続端末を用意。
こちらはDTIよりレンタルされる形になっており、ともに月額630円
端末利用料も含めると実質月額3610円でFOMA回線を利用できることになります。

今日から申し込み受け付けは始まっており、ここから申し込むことが出来ます。
高くて速いdocomoか安くて遅いb-mobile、この二つの間で悩んでいた人には嬉しい回線契約の形ではないでしょうか。

メニュー
閉じる