ガジェットショット

約2,000円でサブウーファー付き!TV内蔵からのグレードアップに最適な格安スピーカー「SBS A120」試す

kirica

Creativeのサブウーファー付きスピーカーSBS A120を買ってみたところ、お値段の割に良い感じだったので紹介します。




SBS A120はCreativeから販売されている2.1chのエントリーモデルのスピーカー。Amazonにて2,139円という価格で販売されている低価格モデルです。

低価格でありながら、左右のLRスピーカーに加えて独立したサブウーファーを搭載。スペック上の周波数特性は50Hz〜20kHzとなっており、サブウーファーのお陰で低音をカバーする事ができています。



付属のステレオミニプラグケーブルにはリモコンが搭載されており、手元のダイアルで音量を調整する事ができます。



背面の入出力は入力が3.5mmステレオミニプラグx1、出力は付属の左右スピーカーへ出力する赤と白のRCA端子を1つずつというミニマルな構成。左右のスピーカーは取り外す事ができるため、左右のスピーカーをワンランク上の物に換装してサブウーファーのみ使うなどの用途でも人気のようです。

内蔵スピーカーからのアップグレードにおすすめ



独立したサブウーファーのお陰で低音がしっかり出るため、テレビやPCでの映画鑑賞をグレードアップするにはぴったりのアイテム。テレビやモニターの内蔵スピーカーには出せない低音域をしっかり出す事ができるため、映像の迫力を一気に増幅してくれます。

低い音域の重低音を多用した音楽の再生用途にはやや心許ないものの、サブウーファーからの低音の解像感はクリアで聞き取りやすい音質。左右のスピーカーは価格相応の品質ではあるものの、コンパクトなサイズ感ながらにテレビやモニターの内蔵スピーカーと比べれば良い音を出してくれます。

今回テレビの内蔵スピーカーからしっかりしたスピーカーを買うまでの繋ぎとして買ってみましたが、想像以上に迫力のある音を出してくれて驚きました。2,000円とは思えないコストパフォーマンスの高さで、テレビやモニターを内蔵スピーカーのまま使っている方には飛躍的なアップグレードになるため強くおすすめできるスピーカーです。購入は以下のリンクから。

kirica

kirica

ガジェットショットを作った人。最近愛用しているデバイスはiMac 5K、MacBook、iPhone 8、iPhone X、Galaxy S8、GPD Pocketなど。愛車のロータス・エリーゼを転がして写真を撮りに行くのが好きです。
メニュー
閉じる