オシャレな外観にカスタムできるAmazon Echo dot純正ファブリックケース「サンドストーン」レビュー

Amazonのスマートスピーカー「Echo dot」用の純正ファブリックケースを購入したので紹介します。


今回購入したのは純正ファブリックケースの「サンドストーン」というカラバリ。これ以外にはファブリック系がインディゴ(青)とチャコール(黒)の計3色、レザー系がサドルタン、ミッドナイト、メルローの3色の合計6種類がラインナップされており、ケース無しでは白と黒の2色展開のecho dotを好みの外観にする事ができます。

サンドストーンの外観。背面にケーブル端子用の穴が開いている他は側面の外周全てを無地のファブリックで覆うケースとなっています。

こちらがケースを装着する前のEcho dotのホワイト。プラスチックの外装の上からAmazonロゴが前面にプリントされており、インテリアとしてはややチープな印象を受けます。

今回購入したサンドストーンを装着したところ。Amazonロゴがプリントされておらず、ナチュラル系インテリアに上手く馴染む外観になりました。Echo dotはブラック・ホワイトともに上部が黒いので、側面が隠れる純正ケースを使った場合は見た目上の差は無くなります。

Amazon Echoとの比較

上位モデルのAmazon Echoと並べたところ。色味は少し違うものの、質感はとても近くなるため、2台セットで使う場合はファブリックケースの購入はおすすめです。

部屋の雰囲気に合わせるなら必須アイテム

Echoシリーズの中では最もお手頃価格なEcho dotですが、1,780円のファブリック系、2,380円のレザー系ともにお手頃価格で部屋の雰囲気に合わせて外観をカスタマイズできるオススメアクセサリです。Echo dotにはAUX端子のオーディオ出力が搭載されているため、自宅のオーディオシステムのデザインに合わせたガワのケースを買って連携するのがイチオシです。

Echo dotは現状では販売が招待制で、商品ページから招待をリクエストして届くのを待つ必要があるため買うのが少し面倒ですが、招待さえ手に入ればスマートスピーカーの中でも小型で使い勝手が良くおすすめの一台。なお、純正ケースの購入には招待は不要です。

Echo dot用純正ファブリックケースの購入は以下のリンクから。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。