ガジェットショット

2.5万円の低価格タブレット「GALAXY Tab 4」レビュー

キリカ(管理人)

今回EXPANSYSからお借りしているGALAXY Tab 4はSAMSUNGの低価格帯の8インチタブレットで、25,400円で販売されています。


tab4-1

GALAXY Tab 4はハードウェアのスペックを落として価格を抑えつつ、GALAXY Tab Sのような画面分割などの機能を搭載した低価格タブレットです。

tab4-2

下部中央にmicroUSBポートというオーソドックスなデザイン。

tab4-3

右側はmicroSDスロット、ボリューム、電源キー。

tab4-4

上部はイヤホンジャック。

tab4-5

左側は何もなくすっきりしています。

tab4-6

背面は側面の外装と一体になったプラスチックになっており、コスト削減が感じられます。

tab4-7

背面のカメラは300万画素と控えめ。

日本語化

GALAXY Tab 4は他のGALAXYのグローバル機動揺、Android SDKとMorelocale 2で日本語化が可能。以前紹介したGALAXY S4の日本語化と同じ方法で可能です。

Android 4.4.2搭載

Screenshot_2014-08-30-21-01-36
Androidのバージョンは4.4.2 Kitkatを搭載。モデル名はSM-T330。

ベンチマーク

Screenshot_2014-08-30-20-59-05
AnTuTuベンチマーク5.0の結果は18199。一世代前のNexus 4よりスペックは低い結果となっています。

マルチウィンドウ対応

Screenshot_2014-08-30-21-00-41
GALAXY NoteシリーズやGALAXY Tabシリーズでは定番となったマルチウィンドウに対応。バックキー長押しもしくは画面外からスワイプで対応アプリのランチャーを出し、左右もしくは上下に分割して2つのアプリを同時に利用可能となっています。


GALAXY Tabシリーズとしてはかなり安い2.5万円の低価格で、ディスプレイは1280×800、RAMは1.5GB、カメラは300万画素と控えめなものの、バッテリー容量は4450mAh、ストレージも16GBとそこそこ確保されており、GALAXY Tabシリーズの目玉のマルチウィンドウ機能もしっかり搭載。

その他にもマルチユーザー機能で家族ごとにユーザーを切り替えたり、スマートステイで画面を見ている間はスリープに入らない機能など、家庭用のGALAXY Tabの機能をしっかり抑えた一台となっています。コストパフォーマンスは高いタブレットなのではないでしょうか。

カラーバリエーションはホワイトとブラックの2種類。価格はどちらも25,400円となっています。

Samsung GALAXY Tab 4 8.0 (WiFi, 16GB, White)

Samsung GALAXY Tab 4 8.0 (WiFi, 16GB, Black)

メニュー
閉じる