9月発売のiPhone 6は5.5インチと4.7インチの2種類に

日本経済新聞によると、9月発売の次期iPhoneは5.5インチと4.7インチの2種類の大画面を搭載する公算が高いとのことです。


apple
ソースによると液晶パネルはシャープとJDI、LGディスプレーの3社が供給する方向で、従来の4インチのディスプレイより高解像度な5.5インチ・4.7インチの2種類のディスプレイを搭載した2つのモデルがそれぞれ販売される見通しのようです。

iPhoneは初代から最新モデルに至るまで画面の幅は変わらず、iPhone 4でサイズはそのまま密度が2倍に、iPhone 5で幅は3.5インチから4インチにそのまま縦長に伸びましたが、マイナーチェンジを繰り返してきたiPhoneのディスプレイが5.5インチ・4.7インチになるとすると過去に無いメジャーアップデートという事になります。

変わらない手に収まるサイズ感と厳密に定められたアプリのユーザーインターフェースガイドラインの上に成り立ってきたiPhoneの使いやすさですが、次期iPhoneにて破壊的な変革が導入された場合、そういった従来の使いやすさが損なわれてしまわないか不安にならざるをえません。

アップル、新iPhone9月発売 画面大きく2サイズ  :日本経済新聞

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。