アップルストア、iPhone 6転売対策で電子整理券システムを急遽開発して導入へ

本日発売のiPhone 6/iPhone 6 Plusを求めてアップルストアには中国などの外国から集まった転売グループの長蛇の列が形成されていますが、そういった転売に対策すべくアップルストアは急遽電子整理券システムを開発し、導入した模様です。


apple-store

今年度はSIMフリーが発売日から販売され、中国では販売が無期限に延期されなどの理由からアップルストア店舗に中国などの外国人の転売グループが殺到、浮浪者を雇って場所取りを行うなどの行為が蔓延していましたが、それを受けて今回急遽導入された電子整理券システムはSMS認証などを用いて電話番号・メールアドレスひとつにつき2台のみ購入可能な仕組みとなっており、有効な電話番号・メールアドレスがなければ購入できない仕組みとなっています。

待機列の様子を見たところ日本のアップルストアのSIMフリー版の在庫が狩り尽くされるのではないかと思われましたが、こういった対策の的確さは流石アップルといったところです。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。