ファーウェイ「P8 lite」&「TalkBand B2」タッチ&トライイベントに参加してきました

ファーウェイ・ジャパン株式会社主催の「P8 lite」&「TalkBand B2」タッチ&トライイベントに参加してきました。


event

先日参加したP8 liteと同じくファーウェイのSIMフリースマートフォンであるhonor6 Plusのイベントは楽天による主催で楽天カフェでの開催でしたが、今回はファーウェイ・ジャパン主催のイベントで都内のファーウェイのオフィスにて開催。メーカー主体のイベントということで、回線ではなく端末にフォーカスを置いたイベントとなっています。

huawei logo 1

ファーウェイ・ジャパンにお邪魔してきました。
p8 lite 01

ファーウェイジャパン吉川さんによる挨拶。

p8 lite 04

ファーウェイジャパンは10周年を迎えました。

p8 lite 05

USB型データカードやWiFiルーターなどの製品は以前使ったことがある人も多いのではないでしょうか。

p8 lite 06

さらに2014年よりSIMフリースマートフォンの並みに乗って新製品を次々と発売しています。

p8 lite 07

ファーウェイは世界的にもスマートフォン出荷台数3位、モバイルWiFiルーターでは1位となっています。

p8 lite 08

製品のラインナップが豊富なのもファーウェイの特徴。スマートフォン、タブレット、ウェアラブルと数多くのデバイスを出しています。今回この中からP8 liteとTalkBand B2をモニターできる、というイベントとなっています。

p8 lite 09

最近は楽天市場内に自社ECサイトを開設しました。


続いてはP8 liteの製品紹介に。

P8 liteの紹介

p8 lite 10

吉本さんによる製品の紹介。

p8 lite 12

3万円を切るオクタコアスマートフォンというのが最大の特徴。

p8 lite 14

オクタコアだけではなく、FOMAプラスエリアなどにも対応し幅広いターゲットが安心して使えるように。その他、幅広いユーザーに訴求できる魅力が詰まっています。

p8 lite 15

7.7mmの薄さを実現。

p8 lite 16

低価格ながらHDディスプレイを搭載。

p8 lite 17

カラバリは3色展開。

p8 lite 18

関連会社のハイシリコンによるオクタコアプロセッサを搭載。

p8 lite 19

処理によってコアの動作を最適化することによって省電力とハイパフォーマンスを両立しています。

p8 lite 20

AnTuTuベンチマークでHTC Oneよりも上の数値を出す性能となっています。

p8 lite 21

8コアによりサクサク感と電池持ちが両方得られるというメリットがあります。

p8 lite 22

1300万画素のカメラを搭載し、表面はゴリラガラスで保護。

p8 lite 23

暗いところでもノイズを抑えた撮影が可能。

p8 lite 24

ウルトラスナップショット機能を使えば音量キーを2度押しすることで即座に撮影することができます。

p8 lite 25

500万画素の広角自撮りカメラ。自撮り棒が無くても綺麗に撮れるのが売りとなっています。

p8 lite 27

ビューティーモードも搭載。

p8 lite 28

パーフェクトセルフィー機能は自分の顔だけを認識して綺麗に撮れるという「ズルい」機能となっています。

p8 lite 29

ワンハンドレイアイトを搭載。5インチでは大きくて使いづらい、といったユーザーでもずらして使うことができます。

p8 lite 30

タッチジェスチャー機能。スリープ状態からジェスチャーでアプリを一発で起動することができます。

p8 lite 32

サウンド機能にも力を入れています。

p8 lite 31

タップで起動モード。ポケットの中で誤動作しないように工夫されています。

p8 lite 34

P8 liteのまとめ。持ちやすい洗練された薄型ボディ、オクタコアプロセッサ、500万画素のセルフィーカメラと1300万画素の暗所に強いカメラを3万円未満に抑えています。


続いてTalkBand B2の紹介に入ります。

TalkBand B2の紹介

talkband b2 01

続いてTalkBand B2の紹介。

talkband b2 04

ベルトは自分で交換する事も可能となっています。

talkband b2 05

ゴールドはアルミニウム合金によるリッチデザイン。

talkband b2 06

他色はTPU素材となっています。

talkband b2 08

タッチスクリーンによる操作が可能。

talkband b2 09

時計のスタイルも変更可能となっています。

talkband b2 10

マイクとノイズキャンセル機能を搭載しており、高品質な音声通話が可能。

talkband b2 11

電話帳と連携した電話の相手を表示するCaller ID機能も搭載。

talkband b2 12

トラッキング機能。6軸モーションセンサーを駆使して自動認識します。

talkband b2 13

独自のアルゴリズムによって生活リズムを解析します。

talkband b2 14

Huawei Wearアプリにより情報を閲覧する事が可能。熟睡していたり浅い睡眠をしていたりという情報がわかります。

talkband b2 15

Jawboneとのデータ連携機能も搭載。

talkband b2 17

iPhoneとAndroidの2台同時接続も可能。

talkband b2 18

バッテリーは6時間の連続通話が可能。

talkband b2 19

スマートフォンファインダーアプリでスマートフォンを探すこともできます。

talkband b2 20

Apple Watchにあるスタンドアップ通知機能や、カメラのシャッターを切る機能なども勿論搭載しています。

talkband b2 22

スペックシート。microUSBで1.5時間で充電できます。

続いてMediaPad T1 7.0の紹介。

MediaPad T1 7.0の紹介

mediapad t1 1

MediaPad T1 7.0の紹介。

mediapad t1 3

1万円以下でクアッドコアCPUを搭載しています。

mediapad t1 2

スペックシート。1万円以下という事を考えるとコストパフォーマンスは高いかもしれません。


今回のイベントではMediaPad T1はレビューを行いたい希望者にのみモニター機がプレゼントされるとのことです。その後、今回モニターできるP8 liteとTalkBand B2の様々な機能を紹介いただきました。数も多いので、追ってレビューにて紹介していきたいと思います。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。