iOS 10.1 Public Beta 2ではシャッター音無音化バグが修正され利用不能に。

本日配信開始されたパブリックベータ版の「iOS 10.1 Public Beta 2」では、以前紹介した無音化バグが修正されている事が確認できました。



以前紹介したAssistiveTouchを利用した無音化の裏技はAssistiveTouchに「消音」の機能を割り振るとマナーモード時でもカメラ・スクリーンショット共にシャッター音が強制的に発動する日本国内モデルのiPhoneにおいてもそれらの音が完全に消音できるというもの。

iPhone 7の実機で確認してみたところ、今回配信開始されたiOS 10.1 Public Beta 2では「消音」をAssistiveTouch経由で発動しても「サイレント」機能が発動され、通常のマナーモードスイッチと同様の挙動になるよう修正されています。今後正式配信されるであろうiOS 10.1も同様の修正がかかると見られます。


iOS 10.1では以前パブリックベータ版でレビューしたiPhone 7 Plusのデュアルカメラを利用した被写界深度エフェクトのポートレートモードが配信予定のほか、10月下旬にサービス開始と告知されていたSuicaへの対応などが含まれると見られており、それらの機能を利用したい場合は無音化の裏技との取捨選択になりそうです。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。