ファーウェイ「P8 lite」&「TalkBand B2」タッチ&トライイベントに参加してきました

ファーウェイ「P8 lite」&「TalkBand B2」タッチ&トライイベントに参加してきました

P8 liteの紹介

p8 lite 10

吉本さんによる製品の紹介。

p8 lite 12

3万円を切るオクタコアスマートフォンというのが最大の特徴。

p8 lite 14

オクタコアだけではなく、FOMAプラスエリアなどにも対応し幅広いターゲットが安心して使えるように。その他、幅広いユーザーに訴求できる魅力が詰まっています。

p8 lite 15

7.7mmの薄さを実現。

p8 lite 16

低価格ながらHDディスプレイを搭載。

p8 lite 17

カラバリは3色展開。

p8 lite 18

関連会社のハイシリコンによるオクタコアプロセッサを搭載。

p8 lite 19

処理によってコアの動作を最適化することによって省電力とハイパフォーマンスを両立しています。

p8 lite 20

AnTuTuベンチマークでHTC Oneよりも上の数値を出す性能となっています。

p8 lite 21

8コアによりサクサク感と電池持ちが両方得られるというメリットがあります。

p8 lite 22

1300万画素のカメラを搭載し、表面はゴリラガラスで保護。

p8 lite 23

暗いところでもノイズを抑えた撮影が可能。

p8 lite 24

ウルトラスナップショット機能を使えば音量キーを2度押しすることで即座に撮影することができます。

p8 lite 25

500万画素の広角自撮りカメラ。自撮り棒が無くても綺麗に撮れるのが売りとなっています。

p8 lite 27

ビューティーモードも搭載。

p8 lite 28

パーフェクトセルフィー機能は自分の顔だけを認識して綺麗に撮れるという「ズルい」機能となっています。

p8 lite 29

ワンハンドレイアイトを搭載。5インチでは大きくて使いづらい、といったユーザーでもずらして使うことができます。

p8 lite 30

タッチジェスチャー機能。スリープ状態からジェスチャーでアプリを一発で起動することができます。

p8 lite 32

サウンド機能にも力を入れています。

p8 lite 31

タップで起動モード。ポケットの中で誤動作しないように工夫されています。

p8 lite 34

P8 liteのまとめ。持ちやすい洗練された薄型ボディ、オクタコアプロセッサ、500万画素のセルフィーカメラと1300万画素の暗所に強いカメラを3万円未満に抑えています。


続いてTalkBand B2の紹介に入ります。
キリカ

キリカ

ガジェットショットを作った人。最近まで学生生活の傍ブログを書いていましたが、今はデザイナーとして働いています。休日は愛車の「エリーゼ」「ジュリエッタ」に乗ってドライブに出かけたり、写真を撮ったり楽しんでいます。