メルカリの期間限定ポイントはApple Payのメルペイ経由でSuicaにチャージが可能、iDの使い道に困った際は便利

メルカリの期間限定ポイントはApple Payのメルペイ経由でSuicaにチャージが可能、iDの使い道に困った際は便利

メルカリの使わないポイントは、Apple Payのメルペイ経由でモバイルSuicaにチャージできるのでやってみました。



メルカリは定期的にキャンペーンなどでポイントを会員に付与していますが、ポイントは使用期限付き。期限を過ぎてしまうと使えなくなってしまいますが、Apple Payを経由するとモバイルSuicaに退避させる事ができます。先日新規登録で1,000円もらえるキャンペーンで自分もポイントが手に入ったので、やってみました。


メルカリのメルペイはApple PayのWalletにプリペイドiDカードとして登録されますが、このカードはiD対応の実店舗や一部iD対応自販機のほか、アプリ内の電子決済にも対応しています。これを利用して、WalletアプリのSuicaのアプリ内決済でメルカリのポイントをApple Pay経由でSuicaに移行する事が可能です。

移行手順


まずiPhoneのWalletアプリを開き、登録してあるSuicaを選択します。Suicaをまだ登録していない方は、+アイコンからSuicaを作成してください。また、メルペイをiPhoneのWalletに登録していない方はメルカリアプリの「メルペイ」タブからiDマークのメルペイカードをWalletに登録し、Wallet内にSuicaとメルペイのカードが登録されている状態にしてください。


続いて「チャージ」ボタンをタップ。


金額を入力し、右上の追加するボタンをタップ。この際、メルカリのポイント残高と同じかそれ未満の金額になるよう注意してください。


決済手段にメルペイが選択されている事を確認し、サイドボタンあるいはTouch IDで承認してください。ここでメルペイ以外の通常のカードが選択されていると、普通にクレジットカードやデビットカードでSuicaをチャージするだけになってしまうので注意。


決済が上手く行われると、Suica残高に反映されるはずです。また、メルカリアプリを確認すると残高が減っているのが確認できます。

以上でApple Payを使ったメルカリ→モバイルSuicaの残高移行は完了です。


メルペイを使った物理決済はiDの中でもプリペイド式のiDに対応した機械にのみ対応。多くの自販機に対応していなかったり、そもそも電子決済はiDに対応していない場所もまだ多いはず。今回紹介した方法を使えばSuicaになるため、交通系ICが使える店舗、交通機関、自動販売機などで残高が消化可能になり、使える範囲がぐっと広がります。また、ポイント使用期限に悩まされる事も無くなるのも嬉しいところ。

先日始まったメルペイが新規登録で1,000円貰えるキャンペーンで1000ポイント手に入った方も多いかと思いますが、使える店舗が無くて使い道に困っている方は今回の方法を使うと便利かもしれません。まだ登録していない方は、キャンペーンで新規登録すればお手軽に1,000円分Suicaの残額が増やせるチャンスなので是非。

キリカ

キリカ

ガジェットショットを作った人。最近まで学生生活の傍ブログを書いていましたが、今はデザイナーとして働いています。休日は愛車の「エリーゼ」「ジュリエッタ」に乗ってドライブに出かけたり、写真を撮ったり楽しんでいます。