ガジェットショット

Xperia Xシリーズ発表。全モデル5インチのXperia XA、X、X Performanceの3モデル展開に。

kirica

ソニーのXperiaシリーズから、最新モデルとなるXperia Xシリーズが発表されました。


Xperia X Performance Colours

Xperia XシリーズはXperia Zシリーズを置き換える新ブランド。Snapdragon 820を搭載したフラッグシップのXperia X Performance、Snapdragon 650を搭載したXperia X、MediaTek Helio P10を搭載したXperia XAと、3機種がラインナップされます。それぞれのプロモーション動画は以下のとおり。

Xperia X Performance



Xperia X PerformanceはXperia Xシリーズの中でも最もハイスペックなフラッグシップ。Snapdragon 820を搭載し、ディスプレイは5インチFullHD、LTEはカテゴリ9に対応し、バッテリーは2,700mAh。メインカメラはExmor RS for Mobile(2300万画素)、インカメラはExmor RS for Mobile(1,300万画素)。重量は165gとなっており、カラバリはホワイト、グラファイトブラック、ライムゴールド、ローズゴールドの4色。なお、シリーズ中Xperia Xperia X Performanceのホワイト・グラファイトブラックの2色のみ背面がヘアライン加工されています。

Xperia X



Xperia XはXperia X Performanceと同じく2,300万画素のメインカメラ・1,300万画素のインカメラ・5インチFullHDディスプレイを搭載しつつも、プロセッサにSnapdragon 650を採用し価格を抑えたモデル。重さはXperia X Performanceと比べ12g軽い153gとなっています。

Xperia XA



Xperia XAは3モデルのうちもっともスペックを抑えたモデルで、同じ5インチのディスプレイなものの解像度は720p。プロセッサにはMediaTek Helio P10を採用しており、カメラは1300万画素・800万画素となっています。


今回ソニーがXperia Z5シリーズの後継としてXperia Z6シリーズを出すのではなく、新たにXperia Xのブランドを掲げてきたのは予想外。しかも3モデルとも同じサイズかつ同じカラバリが用意されており、外観での大きなブランドイメージの差別化を行っていないのも面白いところ。日本ではXperia X Preformanceのみの発売となるようですが、低価格かつ高級感のあるXperia XやXperia XAは是非とも国内MVNO向けに出してほしいところではあります。

メニュー
閉じる