新型iPad Pro発表まとめ。ホームボタン撤廃、丸角Liquid Retina、Face ID、USB-C、新型Apple Pencil

新型iPad Pro発表まとめ。ホームボタン撤廃、丸角Liquid Retina、Face ID、USB-C、新型Apple Pencil

Appleから新型のiPad Proが発表されました。




新しいiPad ProはiPhone XRと同じくLiquid Retinaディスプレイを搭載。丸角の液晶となっています。それに伴いデザインがフルリニューアルされ、ホームボタンは撤廃。iPhone Xシリーズと同じく、ジェスチャー操作を中心とした操作形態となっています。プロセッサはA12X Bionicになり、従来機の2倍、初代iPadの1000倍のグラフィック性能となっています。



ホームボタンが撤廃された事でTouch IDの指紋認証が取り払われ、iPhone Xシリーズ同様にFace IDの顔認証に変更。またiPhone XのFace IDから進化した点としては、iPad縦横どちらの方向に持っていても認証できるところ。iPhone Xシリーズは本体を縦に持っていないと認証できませんでしたが、新型iPad Proはどの方向で持っても認証されます



今回のiPad Proは従来の10.5インチと同じ筐体サイズのまま画面が11インチに拡大。12.9インチモデルは画面サイズはそのまま、筐体がスリムに。2つのラインナップのサイズ感が近くなりました。



Apple Pencilは新型に。新たにApple Pencil本体からトントンとダブルタップで機能を実行する事ができるようになったほか、鉛筆のように平面的な側面になり、iPad Proの側面にマグネットで吸着、そのままワイヤレス充電ができるという使い勝手の面での大幅なアップデートが施されています。従来のApple PencilはLightning端子にそのまま差し込むだけで不格好だったため、今回ようやく洗練されたAppleらしい実装となった印象です。



本体に搭載される端子もLightningからUSB type Cに変更。充電の他にも外部ディスプレイへの映像出力に対応したほか、iPadからiPhoneへの充電もできるようになりました。カメラで撮影した写真を取り込む用途の方は、従来のiPadではLightningだったSDカードリーダーをUSB-C SDカードリーダーに買い換える必要があるため見落としに注意です。


今回は内容としてはデザインの大幅刷新、画面形状変更、認証方法の変更、Apple Pencilの刷新と盛りだくさんのメジャーアップデートとなっており、歴代iPadから新型モデルへの買い替え時期を検討していたユーザーは行っておいて間違いのないタイミングなのではないかと思う充実ぶりです。小型モデルのiPad mini 4が2015年からモデルチェンジのないまま放置されていて小型モデルの刷新が無かったのは気がかりではあるものの、10インチオーバーの2モデルをしっかりブラッシュアップして出してきたのは好印象。フレームが初代iPadを彷彿とさせるフラットな面になった点は好みが分かれそうですが、個人的には悪くないと思います。手持ちのiPad Air 2がかなり物持ちが良く長年使えていたのですが、今回かなりのメジャーアップデートなため11インチモデルを予約してみました。11月7日の発売日が楽しみですね。

キリカ

キリカ

ガジェットショットを作った人。PCはiMacとMacBook、スマホはiPhone XとXperia XZ2 Comact、カメラはRX100とα6000、車はLotus Elise。